進化した手ブレ補正機能 Dual I.S.2 / Dual I.S.

さらに進化した手ブレ補正「Dual I.S.2」

進化点① 高精度ジャイロセンサーをボディ側に搭載し、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)性能向上

「Dual I.S.2」対応 GH5/G99/G8のカメラボディ内に、手ブレをより正確に検出できる「高精度ジャイロセンサー」を搭載。手ブレ情報の演算処理や補正制御アルゴリズムの最適化により、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)はシャッター速度5段分※1の補正性能を実現しています。
さらにG9 PROは、従来の「高精度ジャイロセンサー」の信号に加えて、撮像センサーや加速度センサーから得られる情報を基に、手ブレ情報を演算するアルゴリズムを開発・搭載。ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)は、シャッター速度6.5段分※2の手ブレ補正性能を実現しました。これにより、これまで撮影が難しかった暗がりなどでの撮影をより一層サポートし、機動力溢れる撮影で表現がさらに広がります。

※1 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60mm(35mm判換算 f=120mm)、H-FS12060使用時。
※2 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60mm(35mm判換算 f=120mm)、H-ES12060使用時。

進化点② 望遠側まで手ブレ補正性能をキープし、低照度下の撮影を強力にサポート

ボディ側の高精度ジャイロセンサー等の情報を基に、手ブレ補正情報をリアルタイムにレンズ側に通知することで、レンズ内手ブレ補正(O.I.S.)を連動して制御。「Dual I.S.2」は、高精度ジャイロセンサーで検出した手ブレ情報を基に、ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)とレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)を連動して制御。G9 PROでは、望遠域までシャッター速度6.5段分※3の補正効果、GH5/G99/G8はシャッター速度5.0段分※4の補正効果を実現しています。
上下左右の角度ブレ(Pitch/Yaw)や回転方向のブレ(Roll)、上下左右の並進ブレ(X/Y)を補正する5軸のボディ内手ブレ補正(B.I.S.)と、上下左右の角度ブレ(Pitch/Yaw)を補正する2軸のレンズ内手ブレ補正(O.I.S.)を連動させる手ブレ補正方式「Dual I.S.2」は、ブレの少ない高品位な画像・映像を求めるユーザーを強力にサポート。望遠側まで高い手ブレ補正性能をキープすることができるため、様々なシーンでの撮影中の手ブレを心配せずにアグレッシブな撮影ができます。

※3 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=140mm(35mm判換算 f=280mm)、H-FS14140使用時。
※4 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=50~140mm(35mm判換算 f=100~280mm)、H-FS14140使用時。

進化点③ 動画撮影時や、6K PHOTO / 4K PHOTO撮影時にも有効

高精度ジャイロセンサー搭載により進化した「Dual I.S.2」は、静止画だけでなく動画撮影時や6K PHOTO/4K PHOTOの撮影時でも手ブレ補正効果を発揮。上下左右の角度ブレ(Pitch/Yaw)だけでなく、回転ブレ(Roll)の手ブレ補正を駆使することで、歩きながら撮影するシーンなど、手ブレしやすいシチュエーションでも強力に補正して快適な撮影をサポートします。

Dual I.S.2 / Dual I.S.の仕様比較表

※5 高精度ジャイロセンサーの信号に加えて、撮像センサーや加速度センサーから得られる情報を基に、手ブレ情報を演算するアルゴリズム。
※6 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60mm(35mm判換算 f=120mm)、H-ES12060使用時。
※7 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=60mm(35mm判換算 f=120mm)、H-FS12060使用時。
※8 CIPA規格準拠。Yaw/Pitch方向:焦点距離 f=140mm(35mm判換算 f=120mm)、H-FSA14140使用時。

Dual I.S.対応一眼カメラ