「新4K衛星放送」をディーガで楽しむ 「新4K衛星放送」とは

「新4K衛星放送」とは

2018年12月1日から順次放送が開始された、BS/110度CSの新しい4K放送が「新4K衛星放送」です。スポーツや映画、音楽、紀行など、さまざまなジャンルの番組を美しい4K画質でお楽しみいただくことができます。

BS/110度CS「新4K衛星放送」一覧
■右旋
■左旋

●「新4K衛星放送」の放送開始日は、放送局によって異なります。
●有料放送は加入申し込みと契約が必要です。
●チャンネル名、ロゴは、2018年9月20日時点の情報です。各事業者から改めて正式発表される場合があります。

「新4K衛星放送」はココが魅力

「新4K衛星放送」では、4Kならではの精細感や、HDR(HLG)※1による広範囲の明暗表現など様々な高画質化技術により、臨場感のある映像が楽しめます。

■高精細

「新4K衛星放送」は、フルハイビジョンの約4倍の解像度で視聴できます。

■色鮮やか

従来よりも色表現力が広がった「BT.2020」規格を採用。鮮やかな色彩が楽しめます。

■細やかな色表現

階調表現が8bitから10bitに進化。きめ細やかで豊かな色彩を表現します。

■光の表現力

高輝度化技術「HDR(HLG)」※1に対応。従来の映像に比べ、眩しい光や暗部のディテールまで表現します。

■動きの情報量アップ

60pに対応しているので、スポーツやアクション映画など、動きの速い映像を滑らかに表示します。

高画質化技術に加え、音声技術も進化。躍動感のある音声をお楽しみいただけます。

MPEG-4 AAC方式 最大22.2ch
MPEG-4 ALS方式 最大5.1ch

●最大22.2chサラウンドのマルチチャンネル音響:現在、「新4K/8K衛星放送」と組み合わせる音響システムとして最大と規定されています。

「新4K衛星放送」に対応したチューナーをディーガに搭載

おうちクラウドディーガ 4Kチューナー内蔵モデル「SUZ2060」は、業界で初めて「新4K衛星放送」対応チューナーをレコーダーに内蔵。「新4K衛星放送」番組の視聴だけでなく、放送画質そのままに内蔵ハードディスクへ録画することもできます※2※3。高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現の番組を、いつでもお楽しみいただけます。

*国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2018年11月16日発売。

※1 Hybrid Log-Gamma/ハイブリッド・ログ・ガンマの略。HDR(HLG)コンテンツをHDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、HDRに対応する機器や接続端子に接続してください。HLGに非対応のHDRテレビと接続した場合は従来のHDR(HDR10)に変換して映像を出力します。また、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
※2 「新4K衛星放送」およびBS/110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送は受信できません。本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
※3 「新4K衛星放送」番組は、放送画質(4KDRモード)または従来のハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)で録画可能です。従来のハイビジョン画質で録画する場合は、いったん放送画質(4KDRモード)で録画後に、指定した録画モードに変換します。 「新4K衛星放送」をハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換した録画番組は、字幕の入/切や、音声の切り換えはできません(字幕の入/切や音声種別は録画予約時に設定可能です)。

【BSによる8K放送について】
DMR-SUZ2060には、2018年から放送が開始されたBSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。

●記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。
●機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。