HC-X2000

多彩な撮影機能&オプション 多彩な撮影機能&オプション

シーンファイル

さまざまな撮影条件や表現手法に合わせて撮影できる、プロ仕様の撮影モードを採用。標準/蛍光灯下/スパーク/スチルライク/コントラスト重視の映画感覚/ダイナミックレンジ重視の映画感覚の6つのモードを用意し、任意に変更可能です。記録する音声は、movモードではハイレゾ音声収録にも対応し、16ビットのほか24ビットリニアPCMオーディオが選択可能です。

NDフィルター

晴天時など光量が多いシーンなどで、光の強さを制限して最適な映像の撮影が行えるNDフィルター(OFF・1/4・1/16・1/64)を搭載。適切なNDフィルターを使用することにより、絞りすぎ(回折現象)による解像度劣化を防止できます。また、絞りを開けてぼけ味を制御することも可能です。

POINT 急な天候の変化や屋内と屋外を行き来する場合に便利

屋外での撮影では急な天候の変化はよくあることです。また、移動中の車内での撮影でも外光の変化に素早く対応することが求められます。NDフィルターの内蔵は欠かせない機能ですよ。NDフィルターも3段階に切り替えられるので、急に日差しが強くなったときでも素早く対応できます。現場での状況変化に柔軟に対応できるのはありがたいです。

その他の機能

[スーパースロー※1/IR撮影/インターバル]

再生するフレームレートと異なるフレームレートで撮影することによって、なめらかなスローモーション映像を得ることができます。120fps/100fpsのハイスピード撮影ができます。そして、赤外線暗所撮影にも対応可能。IRカットフィルターのオン※2/オフが選択でき、別売のIRライトを使用して暗所撮影が可能。また、記録間隔を空けてコマ撮りができるインターバルREC記録も備えます。記録間隔は1秒/2秒/5秒/10秒/30秒/1分/5分/10分が選択できます。

※1 フルHD(MOV)のみ対応
※2 IRカットファイルターOFF時、シャッターOFF・絞りAUTOに固定されます。

[ゼブラなど撮影アシスト機能一覧]

高精度な撮影をサポートするさまざまなアシスト機能を装備。フォーカスの合った部分を示すゼブラ表示や輝度レベルを表示するマーカー機能をはじめ、水平/上下のカメラの傾きを確認できる水準器、セーフティーゾーンなどの各種マーカーを3.5型静電式タッチ液晶モニターとEVFで表示できます。

システムチャート(図)

さまざまな撮影条件に対応するため、また、モニターチェックや制作スタジオとの連携のため、多彩な入出力インターフェースを備えます。そして、外部マイクロホンやライトといったオプションも豊富に用意し、ニーズに合わせた映像コンテンツの制作に幅広く対応します。

●SDXC/SDHCロゴはSD-3C,LLCの商標です。
●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator,Inc.の商標または、登録商標です。

[有線リモコン対応]

REMOTE端子(2.5mm径スーパーミニジャック)に接続して、フォーカス調整・ズーム・録画開始・停止などの機能をリモート操作できます。

●有線リモートコントロールユニット(市販品)が必要です。

[カメラの設定の保存と読み込み]

カメラのセットアップ情報をSDカード上のファイルに保存できます。後で同じ設定を使う必要がある時や、複数のカメラやユーザー間で使う場合に役立ちます。

[オートホワイトバランス]

屋外から屋内への移動時など、明暗の変化が大きい場面でも、自然にホワイトバランスを調整します。

[レンズカバー]

撮影現場への移動中にレンズを保護します。

HC ROP App

HC-X2000をタブレット端末などからワイヤレス制御できる「ROP App」を用意しました。カメラレコーダーのさまざまな情報の表示のほか、カメラ設定や画質調整をはじめ、RECスタート/ストップ、メニュー設定などの制御が可能。さらに、内蔵レンズの制御や光学ズーム、フォーカスなどのリモートコントロールも可能です。また、最大8台のカメラを登録でき、カメラを切り替えての制御も可能です。

[ライブストリーミング]

FacebookなどのSNSや、YouTube™などの動画サイトに、Wi-Fi®でダイレクト接続が可能。ライブストリーミング機能を使えば、Facebook LIVEやYouTube Live™などで、撮影している映像をライブ配信することもでき、動画撮影の楽しみ方が広がります。

●対応プロトコル名称:RTSP/RTP/RTMP/RTMPS
●Facebookは、Facebook,Inc.の登録商標です。
●YouTube™およびYouTubeロゴは、Google LLCの商標または登録商標です。

商品特長

コンセプト

信頼性と操作性

4K60pの高画質撮影

多彩な撮影機能&オプション

注意事項

●LEICA/ライカはライカマイクロシステムズ IR GmbHの登録商標です。
●DICOMAR/ディコマーはライカカメラ AGの登録商標です。
●Dolby、ドルビー、Dolby Audio及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
●Wi-Fi CERTIFIED™ロゴは、Wi-Fi Alliance®の認証マークです。Wi-Fi®は、Wi-Fi Alliance®の登録商標です。
●Wi-Fi Protected Setup™ロゴは、Wi-Fi Alliance®の認証マークです。
●AVCHD、AVCHD Progressive、およびAVCHD Progressiveのロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。
●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator,Inc.の商標または、登録商標です。
●SDXCロゴはSD-3C,LLCの商標です。
●各機能は、すべての環境下での効果を保証するものではありません。
●画面はハメ込み合成写真です。
●写真・イラストの内容はイメージです。
●製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。

無線LAN機器使用上の注意事項

この機器の使用周波数帯域では、電子レンジなどの産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ラインなどで使用される移動体識別用の構内無線局(免許を要する無線局)および特定小電力無線局(免許を要しない無線局)、ならびにアマチュア無線局(免許を要する無線局)が運用されています。
1. この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局および特定小電力無線局、ならびにアマチュア無線局が運用されていないことをご確認ください。
2. 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用場所を変更するか、電波の使用を停止したうえ、下記の連絡先にご連絡いただき、混信回避のための処置など(例えば、パーティションの設置など)についてご相談ください。
3. その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場合など、何かお困りのことが起きたときは、下記の連絡先へお問い合わせください。

■2.4GHz帯 使用周波数

本機が2.4GHz周波数帯を使用するDSSSとOFDM変調方式を採用した無線設備で、与干渉距離が約40mであることを意味します。