開発の原点

開発の原点開発の原点

パナソニックの家庭用マッサージチェア第1号機が発売されたのは、高度成長期真っただ中の1969年のこと。開発のきっかけは、「忙しく働く人々に、家で本格的なマッサージを味わっていただきたい」――そんな想いからでした。
記念すべき第1号機は、直角の背もたれからモミ玉が飛び出したシンプルなスタイル。その後、技術の革新とともにマッサージチェアの機能やデザインは飛躍的に進化し、数多くの機種が登場しました。

時代とともに。マッサージチェア開発の歩み

ほぐすことのDNA。それは、1935年に発売された電磁振動式のホームバイブレーターから始まりました。その後、ポータブルマッサージ器『アンマーシリーズ』や『スーパーハンド』などを経て、マッサージチェアの開発に受け継がれていきます。

マッサージチェア事業に参入した当初は、指圧を一から学ぶことからスタート。その後、1978年の『モミモミ』では、自社製の感圧センサーでプロのもみ技を科学的に解析。人間工学を基にした新しいデザインを取り入れ、それまでのマッサージチェアのイメージを一新しました。そこからさらに改良を重ね、1994年に大きな変革を迎えます。団塊の世代が都市型マンションを購入していく時代背景を受け、“マンションでも使えるサイズとデザイン”をコンセプトにしたコンパクトなモデルを発表したのです。この『アーバン』はターゲット層のニーズとマッチし、大きな話題となりました。

1969年
マッサージ椅子1号機 EP50

リアルプロも、マッサージソファもここから進化した。

1978年
モミモミ EP555

プロのもみ味に学び、「手押しの味」を目指した。

1988年
モミモミ 肩聖タタキロボット EP568

座るだけであとはおまかせ、プロのコースで自動マッサージ。

1994年
アーバン EP578

マンションに置ける、マッサージチェア。

2001年
モミモミ リアルプロ EP2100

プロの手技への挑戦。リアルプロ第1号。

2021年
NEW リアルプロ EP-MA102

進化し続けるリアルプロ。

リアルプロ EP-MA102

開発の原点

革新への挑戦

終わりなき追求

たゆまぬ進化

くらしに寄り添うパナソニックのマッサージチェア その歴史くらしに寄り添うパナソニックのマッサージチェア その歴史