おうちクリーニングで洗えるアイテム

画像:おうちクリーニングで洗えるアイテム画像:おうちクリーニングで洗えるアイテム
制服、ドレス、ジャケット…おうちクリーニングで洗えるアイテムは?
おうちクリーニングで洗えるかどうか必ず洗濯絵表示をご確認ください。

ポイント

●新洗濯表示の「洗濯不可(桶に×印)」マークがついている衣類は、「おうちクリーニング」コースでも洗えないのでご注意ください。

家庭での洗濯禁止という意味です

●従来表示の「桶に×印」マークがついている衣類の中には、「おうちクリーニング」コースで洗えるものもあります。

従来表示の「桶に×印」マークで「おうちクリーニング」コースでも洗えない例

わずかですが「絹」が混じています。水につけたときの縮小率が異なるため、風合いや形が変わるおそれがあります。

●「おうちクリーニング」の後は、洗濯表示の「乾燥」記号を確認して干してください。

例(新表示),日陰の平干しがよいという意味です

スーツ、ジャケット、制服

ウォッシャブルスーツ

洗い方のポイント

●スーツの上下は、一緒に洗いましょう。
●汚れの気になる部分を外側にして畳み、洗濯機へ。
●ボタンやファスナー、ホックなどは留めておきましょう。
●仕上げは柔軟剤で。

画像:ウォッシャブルスーツ
干し方のポイント

●形くずれやシワ防止のため、脱水後はすぐに干しましょう。
●上着は、厚みのあるハンガーにかけて肩にシワがよらないようにします。細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いて厚みを出しましょう。
●袖口やすそにタオルをつめて干すことでシワを防げます。

 説明イラスト:干し方

●スラックスやズボンは、左右の折り目を合わせて、ウエスト部分からハンガーにつり下げます。両手で全体を軽くたたき、形を整えて陰干ししましょう。

芯地のない軽いジャケット

綿素材や化学繊維のシンプルなものなら、「おうちクリーニング」コースで洗えます。
芯地のあるジャケット・上着は洗えません。襟部分の裏側などを見て、「芯地」が入っているかどうか確認してください。芯地の素材によっては、縮みなどの形崩れを起こします。

画像:芯地のなし軽いジャケット
洗い方のポイント

●ボタンやファスナーをとめ、身頃を裏返して畳みます。袖は無理に裏返すと形くずれするので、そのままにするのがポイントです

説明イラスト:ジャケットの干し方

芯地を使っていない制服、学生服

洗い方のポイント

●制服・学生服の上下は、一緒に洗いましょう。
●汚れの気になる部分を外側にして畳み、洗濯機へ。
●ボタンやファスナー、ホックなどは留めておきましょう。
●プリーツスカートは広がらないように軽く糸でとめておきましょう。
●仕上げは柔軟剤で。

画像:芯地を使っていない制服
干し方のポイント

●形くずれやシワ防止のため、脱水後はすぐに干しましょう。
●上着は、厚みのあるハンガーにかけて肩にシワがよらないようにします。細いハンガーを使う場合は、タオルを巻いて厚みを出しましょう。
●袖口やすそにタオルをつめて干すことでシワを防げます。

説明イラスト:干し方

●プリーツスカートはピンチハンガーで筒状につるします。ウエストと裾を持って縦方向に軽く引っ張りながらプリーツの形を整えます。
●スラックスやズボンは、左右の折り目を合わせて、ウエスト部分からハンガーにつり下げます。両手で全体を軽くたたき、形を整えて陰干ししましょう。

「制服を洗濯機で洗ってみた」体験談をマンガでご紹介!
学生服は「おうちクリーニング」でスッキリ!
学生服は「おうちクリーニング」でスッキリ!
シャツは温水つけおきで白さがよみがえる!?
シャツは温水つけおきで白さがよみがえる!?

冬物アイテム(ニット、ダウンなど)

ニット

洗い方のポイント

●ボタンなどはすべてとめておきましょう。
●汚れの気になる部分を外側にして畳み、洗濯ネットに入れて洗濯機へ。

*ビーズのついたニットは、ビーズがからまないように裏返してから洗います。

画像:ニット、セーター
干し方のポイント

●毛並みを整えて陰干ししましょう。

編み目の細かく軽いニットはつり干しでOK

干し方のイメージイラスト

編み目のザックリしたもの、ロングカーディガンやフード付きなど重みのあるものは平干しに

干し方のイメージイラスト

ダウンジャケット

寒い季節、毎日のように着用するダウンジャケット。ドラム式の「おうちクリーニング」コースで、さっぱり汚れを落としましょう。

洗い方のポイント

・容量400 g以下のものを、1枚で洗ってください。
・洗濯機に入れる前に、汚れの目立つ部分(汗や皮脂汚れが付きやすい襟部分、手の汚れが付きやすいポケットなど)を石けんや中性洗剤で軽く洗ってください。
・ボタンやファスナー、ホックなどは留めておきましょう。

ダウンジャケットの画像です。乾燥はできません・水洗い不可表示またははっ水加工のものは洗濯も乾燥もできません
干し方のポイント

・形くずれやシワ防止のため、脱水後はすぐに干しましょう。
・中のダウンが片寄らないように、形を整えてから干してください。
●乾燥はできません。

タテ型洗濯乾燥機・洗濯機の「おうちクリーニング」では、ダウンジャケットは洗えません。

ダウンジャケットが浮き上がり、洗濯槽に触れて生地が傷んだり、洗濯機が故障する恐れがあるためです。

マフラー、ストール

洗い方のポイント

●フリンジを畳んで洗います。

 

干し方のポイント

●平らに干して、水の重みで伸びないように。

ストール

ファー小物

干し方のポイント

●乾いたら、ドライヤーの冷風をかけて毛並みの乱れを整えます。

画像:ファー小物

ニット小物

干し方のポイント

●干すときは内側からタオルをつめ、形を整えた状態で乾かします。

ニットの帽子と手袋

ブラウス、ドレス、ワンピース

ブラウス

洗い方のポイント

●ポリエステル100%素材のものは、汚れを吸収しやすいので、他のものと一緒に洗わず単独でお洗濯を。

画像:ブラウス

レースのついたトップス

干し方のポイント

●手でシワやフリル部分を伸ばしながら干します。

イメージ写真:レースのついたトップス

飾りのついたカットソー

洗い方のポイント

●飾りが他の洗濯物にひっかからないよう、裏返して洗います。

イメージ写真:飾りのついたカットソー

ドレス、ワンピース

パーティや発表会など、一日しか着ていなくても、汗などで意外と汚れています。気になったらすぐにお手入れを。

画像:ドレス、ワンピース

お子様の晴れ着も洗えます。

イメージ写真:子供用ドレス
洗い方のポイント

●ファスナーやホックは留めて洗いましょう。
●飾りがついている場合は、裏返して洗いましょう。

パンツ、スカート

パンツ

洗う前には、ポケットに物が入っていないかどうかチェックを。ホコリやゴミは、古歯ブラシなどでかき出しておきます。

イメージ写真:パンツ
洗い方のポイント

●汚れの気になる部分を外側にして、屏風たたみで洗濯機へ。
●ファスナーやボタンは留めておきましょう。
●飾りボタンがついている場合などは裏返しに。

イメージイラスト:パンツ

プリーツのあるスカート

洗い方のポイント

●プリーツが細かい場合は、プリーツが広がらないように糸で軽く留めておきます。

干し方のポイント

●脱水後はすぐに取り出し、ピンチハンガーで筒状につるします。ウエストと裾を持って縦方向に軽く引っ張りながらプリーツの形を整えます。

画像:プリーツのあるスカート

フレアスカート

干し方のポイント

●バイアスが伸びないように、平干しがおすすめです。

画像:フレアスカート
説明イラスト:スカートのバイアスの方向

こちらもおすすめ

おしゃれ着が洗濯機で洗える「おうちクリーニング」とは?
おうちクリーニング
普通の洗濯機の「手洗い」コースとは何が違う?
おうちクリーニングで洗える衣類の見分け方は?
画像:おうちクリーニングできる衣類の見分け方
洗濯表示の正しい意味は?
画像:新洗濯表示の見分け方