選べるうるおい

ほしいときに、
ほしいうるおいを

DCモーターでパワフル加湿&省エネ

DCモーターとは、電力をより効率的にパワーに変換できるモーター。従来より高速回転が可能なので、小さなファンでも多くの風量を生み出すことができます。ヒーターを搭載した当社従来ハイブリッド式と同等※1のハイパワー加湿を実現しました。

●FE-KFS03除く
※1:適湿までの到達時間比較。2010年発売FE-KXF05「パワフル」運転:35分、2019年発売FE-KXS05「お急ぎ」運転:30分。2010年発売FE-KXF07「パワフル」運転:31分、2019年発売FE-KXS07「お急ぎ」運転:29分。当社独自条件の計算による。

パナソニックのDCモーター採用気化式のしくみを説明するイメージ画像です。 パナソニックのDCモーター採用気化式のしくみを説明するイメージ画像です。 パナソニックのDCモーター採用気化式のしくみを説明するイメージ画像です。

すばやくうるおい空間へ お急ぎモード(約30分間のみ)※3

「お急ぎモード」に設定すれば、ファンを高速回転させ、加湿スピードがアップ。適湿到達時間を約26%※4短縮し、すばやく快適空間に。

[対応機種]

FE-KXS07
FE-KXS05
FE-KFS07
FE-KFS05

お急ぎモードなら「強」モードに比べて、適湿到達時間約26%短縮を表すグラフです。

木の葉がふれあう音より静か 静かモード

ごく静かな運転音15dBで連続加湿ができる、「静かモード」。
眠りを妨げない静かさで、おやすみ中も心地よくうるおいます。

[対応機種]

FE-KXS07
FE-KXS05
FE-KFS07
FE-KFS05

わずか15dBで連続加湿できる「静かモード」のイメージ写真です。

心地よい睡眠環境へ おやすみモード

運転音と加湿量のバランスを考え、入眠時はごく静かに加湿(「静か」モード時、15dB:150mL/h)。
おやすみ中は加湿量をアップ(「弱」モード時、22dB:330mL/h)して、心地よい睡眠環境へ自動で切り替えます。また、操作部と湿度表示の明るさが自動でひかえめになり、就寝時により使いやすくなりました。

[対応機種]

FE-KXS07
FE-KXS05
FE-KFS07
FE-KFS05

入眠時は極静かに加湿する「おやすみモード」のイメージ写真です。
入眠時は15dBで静音運転、おやすみ中は22dBで弱運転する「お休みモード」の説明図です。 入眠時は15dBで静音運転、おやすみ中は22dBで弱運転する「お休みモード」の説明図です。

おまかせモード

センサーで加湿具合をチェック。適度なうるおい、湿度約60℃を目安に自動運転します。

寝室に加湿機を設置したイメージ写真です。

高めの湿度でしっかり加湿 のど・肌モード

「のど・肌モード」なら、やや高めの湿度約60~65%を目安に自動運転。のどやお肌の乾燥が気になる時におすすめです。

のどやお肌の潤いを保つのど・肌モードのイメージ写真です。

※2:KXS05の場合。「強」モード時。消費電力8W。新電力料金目安単価:27円/kWh(税込)。1日8時間運転×30日で計算(当社調べ)。2019年8月6日現在。
※3:「お急ぎ」モードは約30分間のみの運転。約30分後は、前のモードに戻ります。
※4:FE-KXS05/FE-KFS05「お急ぎ」モード:30分と「強」モード:41分との比較。FE-KXS07/FE-KFS07「お急ぎ」モード:29分と「強」モード:37分との比較で約21%短縮。当社独自の試験条件による評価。なお、「お急ぎ」モードは約30分間運転後に、前に設定している運転モードに戻ります。
※5:「静か」モード時。