らくらくお手入れ

らくらくお手入れページのメインビジュアル(加湿機のタンクを取り出しているシーンの画像)です。給水もお手入れも手間なくかんたん。らくらくお手入れページのメインビジュアル(加湿機のタンクを取り出しているシーンの画像)です。給水もお手入れも手間なくかんたん。らくらくお手入れページのメインビジュアル(加湿機のタンクを取り出しているシーンの画像)です。給水もお手入れも手間なくかんたん。

イオン除菌ユニット

イオンのチカラで加湿する水を除菌※1します。
電気を使わず交換が不要です。

加湿フィルターの内側に配置されたイオン除菌ユニットの画像です。
加湿機の内部構造の説明図です。加湿トレーの中に吸い上げた水を気化させる加湿フィルターがあり、その中心にイオン除菌ユニットが配置されています。加湿機の内部構造の説明図です。加湿トレーの中に吸い上げた水を気化させる加湿フィルターがあり、その中心にイオン除菌ユニットが配置されています。

フィルター清潔モード

運転停止中に「ナノイー」を加湿フィルターに充満させるフィルター清潔モードを搭載。加湿フィルターを清潔に保ちます。

●「ナノイー」発生ユニットは、交換が不要です。※2

対応機種
FE-KXT07
FE-KXT05

ナノイーがパナソニック加湿機の加湿フィルターに充満しているイメージ画像です。

長寿命加湿フィルター

取り外ししやすく、押し洗いが可能なフィルター構造。しっかり洗えて約10年も使えます。★1また、洗った後はフィルター枠にはめてトレーにポンと置くだけで、かんたんにセットできます。

フュージョン素材はやわらかな立体編物素材。日頃のお手入れは洗剤不要で、月1回★2水で押し洗いするだけ。約10年交換不要★1フュージョン素材はやわらかな立体編物素材。日頃のお手入れは洗剤不要で、月1回★2水で押し洗いするだけ。約10年交換不要★1

●「フュージョン」素材採用 加湿フィルターは、旭化成株式会社との共同開発により完成した、当社独自のフィルターです。「FUSION \フュージョン」は旭化成株式会社の登録商標です。
★1:加湿フィルター交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が約50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づき当社で算出。ご使用状況によっては寿命が短くなることがあります。定期的にフィルターのお掃除が必要です。
★2:水質により汚れ具合が変わるため、1か月以内でも、ニオイがしたりタンクの水が減りにくい場合は、お手入れをしてください。※3

すみずみまでお手入れしやすい設計

加湿トレー

凹凸が少ないフラットな構造なので、
お手入れがラクにおこなえます。

加湿トレーをタオルで掃除している画像です。
広口タンク

手首まですっぽり入る広口タンクだから、
しっかり奥まで洗えます。

対応機種
FE-KXT07
FE-KXT05
FE-KFT07
FE-KFT05

広口タンクの中に手を入れてスポンジで洗っている画像です。
吹き出しルーバー

ルーバーはお手入れしやすい構造で、
手でサッとふけます。

ルーバーの溝を拭き掃除している画像です。
透明パネル

透明パネルは外してお手入れできます。

対応機種
FE-KXT07
FE-KXT05

透明パネルを外している画像です。

どっちでもタンク

給水時の作業もスムーズに行えるように、左右どちら向きでも入れることができるタンクを搭載しました。
ハンドルも右手でも、左手でもしっかり握れるUD設計でラクラク給水。

対応機種
FE-KXT07
FE-KXT05
FE-KFT07
FE-KFT05

左右どちら向きでもタンクを本体に入れられる事を表している画像です。

その他の特長

しっかり加湿&省エネ※4

DCモーター搭載でほしいときにほしいうるおいを。

笑顔の母親と赤ちゃんの画像です。特長ページしっかり加湿&省エネにリンクします。
ナノイー

加湿に「ナノイー」をプラスしてお肌にうるおいを。

女性が頬に触れうるおいを感じている画像です。特長ページナノイーにリンクします。
静かな運転音

たっぷり加湿を静かにお届け。

眠っている女性の画像です。特長ページ静かな運転音にリンクします。

※1:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】標準寒天培地を用いた寒天平板培養法により確認【除菌の方法】イオン除菌ユニットに接触【対象】イオン除菌ユニットを配置したトレー内の水【試験結果】24時間で99%以上抑制(第207021879-001)。(試験は2種類の菌で実施)当社独自の試験条件による評価。数値はあくまでも目安であり、設置環境、使用状況によって効果は異なります。
※2:故障の時は交換が必要です。
※3:しつこい汚れやニオイが気になる場合は、クエン酸などでつけ置き洗いしていただく必要があります。
※4:2013年度当社ACモーター搭載同等モデルとの比較において。