レンジ機能~基本のあたため・解凍~

家族団らんの写真

毎日のおいしいに便利!「あたため」機能

●このページはNE-BS2700を中心に説明しています。

ごはんやおかずのあたためも自動ですばやく

ごはん・おかず

ごはんやおかずを、自動ですばやくあたためます。ごはん1杯30秒台※1

ごはんと肉じゃがの写真

「高精細・64眼スピードセンサー」が瞬時に食品の温度を測定

食品の温度・分量などを見分けて※2自動であたため・解凍。
高速0.1秒センシングで「とろみ」のこびりつきを抑制し※3、「ふきこぼれ」を制御※4

高精細・64眼スピードセンサーのイメージ

冷凍ごはんと冷蔵おかずも。「2品同時あたため」

2品同時あたため(ねらって加熱)※5

独自の3Dアンテナでマイクロ波をコントロールし、温度の異なる2品を同時に効率よくあたためます。

2品同時あたためのイメージ図

解凍ムラを抑え、中までしっかり解凍。下ごしらえをスムーズ に

芯までほぐせる解凍

サイクロウェーブ加熱で、食品の中心部からおだやかに、ムラを抑えて解凍。さらに「高精細・64眼スピードセンサー」が分量や種類を見分けて※6自動で解凍を制御。何度も解凍しなおす手間なしで、すぐに下ごしらえできる状態に。

解凍ムラのないミンチをほぐす写真

立ち上がりの速いヒーターで表面の霜をとかし、加熱ムラを抑えながら解凍。

上からヒーター、包み込むスチーム、下からマイクロ波
サイクロンウェーブ加熱

マイクロ波をらせん状に放射し、食品の中心部分からおだやかに解凍し、解凍ムラを抑えます。

サイクロウィーブ加熱のイメージ図

食材をお好みの温度に

ごはんやおかずも

ホカホカの食べ頃に

ハンバーグとおかずの写真
離乳食も

ぬるめのちょうどいい温度に※7

離乳食の写真
カチカチのアイスも

適度なやわらかさに

アイスの写真

庫内が熱くても自動あたためOK

瞬時に庫内全体の温度を測定することで、庫内が熱くても自動あたためができます。(庫内温度260℃以上の場合を除く。庫内高温時の「自動あたため」での仕上がり調整は‘温度’ではなく‘強め’‘弱め’となります。)

庫内が熱いときに表示されるGUI

ビストロの便利な機能

離乳食用ゆで野菜コース

葉物野菜や根菜もスプーンでつぶせるくらいのやわらかさになるまで加熱します

離乳食を食べる子ども
乾物を戻すコース

乾物がすぐに戻るので調理がスムーズに。

乾物を戻すコースのGUI
ムダな加熱をセーブして省エネに。

1品あたためでは「ごはん」のように素材が均一な食品と見分け*1たら、エコナビ制御*2により、ごはんなら1杯30秒台*3という時短&省エネで適温にあたためます。2品同時あたためでは低温部をねらって効率よく加熱します。

*1 マイクロ波による食品の温度上昇特性や、面積、温度上昇速度により、食品を分類し見分けます。
*2 70℃設定で室温ごはん150gの1品あたための場合、上昇温度1℃当りの電力量がエコナビ運転時(0.222Wh/℃)とエコナビ運転をしなかったとき(0.262Wh/℃)の比較にて、約15%の省エネとなります。 
*3 茶わん1杯のごはん150g(約20℃)を中心部を含む平均温度75℃以上まであたためた場合。連続加熱・庫内高温時の加熱は除く。

エコナビ

その他の特長

レンジ機能~ワンボウルメニュー~

時間はなくてもパパっとできたて

ワンボウルパスタを盛り付けている写真。ワンボウルメニューの特長ページにリンクします。

グリル機能

予熱なしで両面こんがり。高火力だからスピーディー

凍ったままグリルの使用イメージです。グリル機能の特長ページにリンクします。

スチーム機能

蒸し器なしでもメニュー広がる。たっぷりのスチームでおいしくふっくら

茶碗蒸しの画像、スチーム機能の特長ぺージにリンクします。

オーブン機能

幅広い温度帯でこだわりに応える、低温70℃~高火力300℃オープン※8

やきたてのパンの写真。オーブン機能の特長ページにリンクします。

アプリ機能

買った後もメニューが増えていく

買い物中にスマホを見ている写真。アプリの特長ページにリンクします。

使いやすさ

毎日使ってほしいからこそ、使い心地にこだわった

レンジがキッチンにある写真。使いやすさの特長ページにリンク

※1.茶わん1杯のごはん150g(約20℃)を中心部を含む平均温度75℃以上まであたためた場合。連続加熱・庫内高温時の加熱は除く。ごはんのように素材が均ーの食品と見分けたらエコナビ制御。70℃設定で室温ごはん150gの1品あたための場合、上昇温度1℃当りの電力量がエコナビ運転時(0.223Wh/℃)とエコナピ運転をしなかったとき(0.258Wh/℃)の比較にて、約14%の省エネとなります。
※2.マイクロ波による食品の温度上昇特性や、面積、温度上昇速度により、食品を分類し見分けます。
※3.食材や容器、環境などにより、ふきこばれが生じる場合もあります。
※4.食材の温度を見ながら「とろみ」のこびりつきを抑制します。
※5.食品2品の分量はほぼ同等。ただし汁物、ソース、タレがかかった食品、冷凍カレー、冷凍 (1.012Wh/℃)の比較にて、約21%の省エネとなります。
※6.食品や形状、環境などにより出来栄えは異なります。
※7. NE-BS2700の場合、設定は「毎日使い」の「あたため色々」をタッチして、「お好み温度」を選び、温度を設定します。NE-BS906の場合、設定は「6 お好み温度」を選び、ダイヤルで温度を設定します。
※8.(一社) 日本電機工業会(JEMA)「表示に関する自主基準(平成19年6月19日制定)」に準ずる。オーブンの240~300℃での運転時間は約5分です。その後は自動的に230℃に切り替わります。