歯科衛生士がアドバイス!
ジェットウォッシャーお試しレポート vol.1

一人ひとりに合った使い方のコツをレクチャー

まずは、歯科衛生士が、モニターのみなさんの口の中をチェック!
歯並びや歯の生え方など、口の中の状況は人によって様々です。一人ひとりに合った使い方のコツを教えていただきました。

歯周ポケットをケアしたい!Yさん
歯ぐきケアがしたい!Tさん

「歯周ポケットがうまく磨けない」というYさん

妊娠中の歯科検診で「歯周ポケットや歯ぐきを磨くように」と言われたものの、うまく磨けないというYさん。口の中がスッキリしないと感じることも。また、2人の子どもの育児に忙しく、オーラルケアにあまり時間をかけられないのだそう。

Yさん

【お悩み】
・歯周ポケットや歯ぐきがうまく磨けない
・口の中がスッキリしないことがある
・ハブラシが奥歯に届きにくい

■ 使い方のコツをアドバイス

歯科衛生士からは、「 Yさんは、毎日、夜寝る前に1回、ジェットウォッシャーを使ってください」とのこと。歯周ポケットへの水流のあて方を中心に、使い方のコツを教えていただきました。

歯と歯ぐきの境目に沿うように

「歯と歯ぐきの境目に沿ってノズルを動かして。水流が歯周ポケットに入り込んで、汚れを洗い流します」

奥から前へと水流をあてていく

「前歯を先にきれいにしても、奥から汚れが流れてきてしまいます。奥から先に水流をあてて、ノズルを徐々に前へと移動させて」

口の中がスッキリしない時は、夜の使用がおすすめ

「口の中がスッキリしないと感じている方は、夜の使用がおすすめ。Yさんの場合、お子さんが寝ている時に使うのがよさそうですね」

はじめは水圧レベル2~3から

「最初は水圧レベル2~3から試して、気持ちいい強さを見つけてみて。もちろん10でも問題ないですよ」

【お試し後の感想】

歯周ポケットがきれいになるのを実感!

Yさん
「ハブラシでは歯周ポケットを磨くのが難しかったのですが、ジェットウォッシャーだとポケット内に水が入って洗い流せていることがわかるので、スッキリ感がありますね。
毎晩、口の中がキレイになった!と実感して眠れます」

ハミガキ後のジェットウォッシャーが、自然と習慣に。

「ハミガキの後にジェットウォッシャーを使うという習慣が、流れの中に組み込みやすく、自然と身に付きました。
気軽に使えるので、夜寝る前だけでなく、人と会う用事がある時は、出かける前にもジェットウォッシャーを使っています」

「私は、タンク1杯の水を1回で使い切るペースで、水がなくなったら終わり。自分で時間を計らなくていいので楽ですね。
洗面台で使っていますが、水はほとんど飛び散りません。歯ぐきに水流があたると、感覚で『ちゃんとあたっているな』とわかるので、鏡を見なくても使えます」

使いやすく、洗面台にも馴染むデザイン。

「洗面台に置きっぱなしにしても違和感がないデザインですよね。収納せず出しっぱなしにできるから、続けられるんだと思います。ノズルの着脱も簡単だし、ハンドルがマグネットで本体にくっつくので、片付けも楽なんです。
我が家では、私と主人とで共用しています。もしサボりたい気持ちになっても、主人が使っているのを見ると『負けられない!』と思って(笑)モチベーションになっています」

「水流による歯ぐきケアに期待」というTさん

歯間に食べカスが詰まるのを気にしており、毎食後、ハブラシとフロスに加え、2種類の歯間ブラシでケアしているというTさん。ジェットウォッシャーの水流による歯ぐきケアで、健康な歯ぐきを維持したいのだそう。

Tさん

【お悩み】
・歯間に食べ物が詰まりやすい

■ 使い方のコツをアドバイス

歯科衛生士からは、「Tさんには、毎食後のケアで使っている歯間ブラシをジェットウォッシャーに置き換えてみてください」とのこと。歯と歯の間への水流のあて方や、歯ぐきとノズルの距離についても教えていただきました。

歯と歯の隙間、三角地帯を狙って

「歯間ブラシが入るところを中心に、しっかり水流をあてて。水は自在に形を変えるので、隙間の大小にかかわらずしっかり汚れを落とせます」

やさしい刺激で歯ぐきケア

「水流の心地よい刺激で、歯ぐきをやさしくケアしましょう」

インプラントや差し歯、入れ歯の方にも

「インプラントや差し歯がある箇所にも使えます。入れ歯の場合は、入れ歯を取ってから残った歯のまわりを水流で洗って。水流を粘膜にあてても大丈夫」

ノズルを歯や歯ぐきに近づけて

「ノズルの先端を、歯や歯ぐきに触れるか触れないかの距離まで近づけて。もし触れても、水が逆流しない設計なので安心です」

【使用後の感想】

歯間だけでなく、奥歯の裏側までケアできる。

Tさん
「毎食後、まずジェットウォッシャーを使ってから、ハブラシ、フロスの順でケアしています。
歯間ブラシと違うのは、歯間だけでなく、そのまわりも水で洗えるところ。また、食べカスを取るだけでなく、歯ぐきのケア効果も期待できるのが嬉しいですね。
超音波水流※1で歯の表面もきれいになると思いますし、ハブラシだと届きにくい奥歯の裏側まで、水流できれいにできるのがいいですね」

すぐに慣れて、スムーズに使えるように。

「最初はノズルと歯ぐきの距離感がわからなかったんですが、すぐに慣れて、今は歯ぐきにノズルをほとんど付けるようにしています。下を向いて、少し口を開けて水を出しながら。難しいこともなくスムーズに使えますし、水も飛び散りません」

「いつも左奥の下側から始めて、洗い残しがないように、一筆書きのようにノズルを動かしています。歯間にはじっくりあてて、歯と歯ぐきの境目をたどるイメージで。ぬるま湯で洗うと気持ちいいですね」

お手入れ簡単、口に含んでもストレスなし。

「使った後のお手入れも簡単。シンプルな外見ですし、洗面台に出しっぱなしにしても、そこまで大きくは感じません。
ノズルが細いので、口の中に入れやすく、奥にも届きやすい。口に含んでもストレスがない、いいデザインですよね」

実践しよう!ジェットウォッシャーで口内ケア

みなさん、ジェットウォッシャーに大満足の様子。自分に合った使い方のコツをマスターして、より効果的なケアを目指しましょう!
歯間洗浄だけでなく歯周ポケット洗浄、歯ぐきケアもできるジェットウォッシャー。使い方のコツを取り入れて、ぜひ使ってみてくださいね。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ72

独自技術の「超音波水流※1」で、ブラシの届きにくい部分や歯の表面の汚れまで強力除去。

ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ72

※1 バブルが弾ける際の衝撃波により超音波が発生する水流。

おすすめコンテンツ

歯科衛生士がアドバイス!
ジェットウォッシャー 使い方のコツ

歯やオーラルケア、ジェットウォッシャーの使い方のコツについて、歯科衛生士がアドバイス!

歯科衛生士がアドバイス! ジェットウォッシャー 使い方のコツ
歯科衛生士がアドバイス!
ジェットウォッシャーお試しレポート Vol.2

矯正治療中の歯をケアしたい!Sさん
忙しくても口内をきれいに保ちたい!Mさん

歯科衛生士がアドバイス! ジェットウォッシャーお試しレポート Vol.2