アイロン・衣類スチーマーの違い

イメージ写真:アイロン・衣類スチーマーの違いイメージ写真:アイロン・衣類スチーマーの違い

(この写真の衣類スチーマーは、2021年モデル NI-FS770です)

アイロンと衣類スチーマーってどう違うの?

家事の定番アイテム「スチームアイロン」、手軽さが人気の「衣類スチーマー」。
実は、それぞれ得意な使い方やアイテムがあるんです。そんな2つの違いをご紹介します。

ライフスタイルやよく着るアイテムから、自分にぴったりなアイロンを見つけたい方はこちら

どちらを選べばいいの? 簡単セルフチェックはこちらどちらを選べばいいの? 簡単セルフチェックはこちら

スチームアイロン・衣類スチーマーの違い

1. 使い方

スチームアイロン 衣類スチーマー
上からプレス! 立ててスチーム
アイロン台を使用し、上からプレス ハンガーにかけたままスチームを当てる
立てたり浮かせたりしてスチームを当てる アイロン面を押し当ててプレスする
(こんな使い方も)
立てたり浮かせたりしてスチームを当てる
(こんな使い方も)
アイロン面を押し当ててプレスする

パナソニックならさらにこんな特徴が!

スチームアイロン WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンを全方向に動かせ、シワがつきにくい。

スチームアイロン WLシリーズの特長を詳しく見る
衣類スチーマー
  • 360°パワフルスチーム※1でどの方向からも安定してかけれる
  • 立ち上がり約19秒でサッと使えて便利
衣類スチーマーの特長を詳しく見る

2. シワの伸ばし方

スチームアイロン 衣類スチーマー
スチームアイロン イメージ図 衣類スチーマー イメージ図
熱と圧力でシワを伸ばす。
衣類にスチームの水分を与えることで、よりシワが伸びやすく。
スチームの熱と水分で、シワを伸ばす。

3. 仕上がり

スチームアイロン 衣類スチーマー
ブラウス 仕上がりイメージ ふんわりしたブラウス、ジャケットの仕上がりイメージ
パリッとした仕上がりに。 立体的な仕上がり、きちんと仕上げに。

4. スチーム容量

スチームアイロン 衣類スチーマー
たくさんの衣類 イメージイラスト 垂直に持ち上げて使用するイメージイラスト
タンク容量が多く持続力があり、家族の分もまとめてOK! 数着をサッとかけるのに適したタンク容量でコンパクト。
たくさんの衣類を一度にケアできる。 軽いので、垂直に持ち上げても、動かしやすい。

パナソニックならさらにこんな特徴が!

スチームアイロン WLシリーズ

全4種の多彩なスチーム・スプレー機能で衣類を素早くケア

スチームアイロン WLシリーズの特長を詳しく見る
衣類スチーマー
  • 連続スチーム約10分
  • 手のひら感覚の低重量設計で軽くて持ちやすい
衣類スチーマーの特長を詳しく見る

5. 得意なアイテム

スチームアイロン

頑固なシワもパリッと仕上げ!
一気にケアしたい大型アイテムに

スチームアイロンについて詳しく見る

形状記憶ではない、パリッと仕上げたいシャツ

Yシャツ

しっかり折り目を付けたいスラックス

スラックス

がんこなシワがついた麻や綿の衣類

麻ジャケット

パリっとさせたいシーツやテーブルクロスなどの大物アイテム

シーツ

ゼッケンやワッペンをつけたいアイテム

ゼッケンやワッペンをつけたいアイテム

衣類スチーマー

風合いふんわり、立体仕上げ!
サッと、こまめにケアしたいアイテムに

衣類スチーマーについて詳しく見る

フリルシャツやパフスリーブの立体仕上げ

フリルシャツ

ジャケットやスカートの立体仕上げ

ジャケット

ギャザーやドレープのふんわり仕上げ

ワンピース

今すぐたたみジワを取りたい衣類

ポロシャツ

ハンカチやマスクなど使用頻度の高い小物

ハンカチやマスクなど使用頻度の高い小物

こまめに脱臭したいコートなどの洗いにくい衣類

こまめに脱臭したいコートなどの洗いにくい衣類

基本の使い方以外にも、それぞれプレスや浮かせてスチームもできます。

アイロン・衣類スチーマーのラインアップ

シーンやアイテムに合わせて、選べる「衣類ケア」シーンやアイテムに合わせて、選べる「衣類ケア」

おすすめコンテンツ

アイロンかけのコツ 基本の使い方

アイロンの基本の使い方やアイテム別のお手入れ方法を紹介

アイロンかけのコツ 基本の使い方

衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方

NEW アイロン・衣類スチーマーの選び方

かんたん自己診断。あなたにぴったりなアイロンが探せます

アイロン・衣類スチーマーの選び方

※1 ハンガーにかけた衣類に平行に向けた場合

  • 写真・イラストはイメージです。
  • 写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。