アイロンかけのコツ

アイロンかけのコツアイロンかけのコツ

正しく使って、着こなしアップ
アイロンの基本の使い方

きちんとアイロンのかかった服は見た目も着心地も、気持ちよさが違います。
アイロンを上手に使いこなすために、まず動かし方の基本を知り、コツを覚えましょう。

アイロンかけなし・アイロンかけありの比較

アイロンかけ 基本のコツ

コツ1

アイロンの動かし方は3種類

目的に合わせて、動かし方を変えましょう。

すべらせる・押さえる・浮かす
attention

力を入れすぎるのはNGです。

シワをのばそうとゴシゴシ力を入れると、かえってシワになることも。
すべらせるようにかけましょう。

コツ2

いきなりかけずに、まずは手アイロン

アイロンをかける前に、手で軽くシワを伸ばしておきましょう。

手で軽くシワをのばしておく

コツ3

"空いた手"で縫い目を引っ張って

よりきれいに、シワがのばしやすくなります。

まとめてアイロンをかけるなら「低温」から「高温」の順に

衣類の絵表示を確認し、適温でアイロンかけを。
高温になると冷めにくいため、「低温」に適した衣類から「高温」に適した衣類へ、順番にかけると効率がよく、熱も時間もムダにしません。

衣類の絵表示

アイテム別のお手入れ方法

ワイシャツ

「面積の小さいところから大きいところへ」順番にかける

ワイシャツのアイロンかけのコツへのリンク
パンツ

全体にスチームを浸透させた後、あて布を引いてアイロンで押す

パンツのアイロンかけのコツへのリンク
ハンカチ

糸がのびない方向(タテ糸)と平行にアイロンをすべらせる

ハンカチのアイロンかけのコツへのリンク
プリーツスカート

アイロン台にスカートをはかせてプリーツを整えながら押さえがけ

プリーツスカートのアイロンかけのコツへのリンク
ブラウス

スチームの浮かしがけでシワをのばして、ふんわり仕上げ

ブラウスのアイロンかけのコツへのリンク
ニット

のびたソデぐちはスチームで毛を起こし、手で形を整える

ニットのアイロンかけのコツへのリンク
ジャケット

ハンガーに吊るしたままスチームでサッとお手入れ

ジャケットのアイロンかけのコツへのリンク
ネクタイ

縁にシワをつけないようにスチームで浮かしがけを

ネクタイのアイロンかけのコツへのリンク

おすすめ商品

NEW WLシリーズ

Wヘッドベースでアイロンかけをラクに、キレイに。

WLシリーズ商品写真
お出かけ前、帰宅後のサッとケアには、衣類スチーマー

NEW NI-FS770

大容量・360°スチームタイプ

ni-fs770商品写真

NEW NI-FS570

360°スチームタイプ

ni-fs570商品写真

NEW NI-FS420

コンパクトタイプ

ni-fs420商品写真

NI-MS100

旅先でもサッとシワとり 軽量コンパクトモデル

ni-ms100商品写真

NEW NI-GS400

スチーム専用タイプ

ni-gs400商品写真

おすすめコンテンツ

NEW アイロン・衣類スチーマーの違い

それぞれの得意な使い方やアイテムを紹介

アイロン・衣類スチーマーの違い

NEW アイロン・衣類スチーマーの選び方

かんたん自己診断。あなたにぴったりなアイロンが探せます

アイロン・衣類スチーマーの選び方