お手入れかんたん

すみずみまで
お手入れできる
こだわり設計

長寿命加湿フィルター

約10年交換が不要★1な、「フュージョン」素材の加湿フィルターを採用。フィルターは3か月に1回★2水で押し洗いするだけです。
(KXF15は1か月に1回★2

●「フュージョン」素材採用の加湿フィルターは、旭化成株式会社との共同開発により完成した、当社独自のフィルターです。「FUSION\フュージョン」は旭化成株式会社の登録商標です。

 

★1:加湿フィルター交換の目安は定格加湿能力に対し、加湿能力が約50%に落ちるまでの期間。1日8時間運転に基づき当社で算出。ご使用状況によっては寿命が短くなることがあります。定期的にフィルターのお掃除が必要です。
★2:水質により汚れ具合が変わるため、3か月以内でも、ニオイがしたりタンクの水が減りにくい場合は、お手入れをしてください。しつこい汚れやニオイが気になる場合は、クエン酸などでつけ置き洗いしていただく必要があります。

3カ月に1回、水で押し洗いするだけの「超寿命加湿フィルター」と、10年間交換不要な「フュージョン」素材の写真です。

トレー一体型給水タンク

大きなハンドルで、トレーごと運べるので、給水がらくらくです。

[対応機種]

FE-KXP23
FE-KXP20

取り出しやすい前面引き出し

トレー一体型給水タンクの前面引き出しの写真です。

タンク1個ずつでも持ち運べる

トレー一体型給水タンクをトレーごと持ち運んでいる写真です。

小型・広口タンク

低い蛇口でも給水がラク

小型・広口タンクで給水している写真です。

奥まで洗いやすい

奥まで洗いやすい小型・広口タンクの説明写真です。

除菌剤 

水と加湿フィルターを除菌※1。本格的なお手入れは3か月に1回★2でOKの清潔設計です。

●KXF15は<イオン除菌ユニット>
●約2シーズンに1回交換が必要です。

 

★2:水質により汚れ具合が変わるため、3か月以内でも、ニオイがしたりタンクの水が減りにくい場合は、お手入れをしてください。しつこい汚れやニオイが気になる場合は、クエン酸などでつけ置き洗いしていただく必要があります。

手軽に清潔をキープできる除菌剤の写真です。

フィルター清潔モード

運転停止中も「ナノイー」を加湿フィルター部に充満させ、清潔に保ちます。

[対応機種]

FE-KXP23
FE-KXP20

「ナノイー」搭載の「フィルター清潔モード」のイメージ写真です。
水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」のイメージ写真です。 水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」のイメージ写真です。
「水分量が、たっぷり豊富」の文字情報です。

「ナノイー」は、一般的な空気イオンに比べて、なんと約1,000倍以上★3の水分量があります。

「イオンの寿命が、約6倍長持ち」の文字情報です。

「ナノイー」は、水に包まれているから、空気中の酸素や窒素の分子と結びつきにくく、OHラジカルを長く保ちます。

パナソニックは、「ナノイー」の安全性を確認済みです。

・染色体への影響/【試験名称】培養細胞を用いる染色体異常試験 【試験機関】日本バイオアッセイ研究センター<GLP(優良試験所基準)適合施設>
・呼吸器への影響/【試験名称】反復投与毒性試験 【試験機関】(株)生活科学研究所(原因究明機関ネットワーク登録機関)
・毒性学的影響および発がん性への影響/【試験名称】慢性毒性・がん原性併合試験 【試験機関】(一財)食品薬品安全センター秦野研究所 〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉
・DNAへの影響/【試験名称】コメットアッセイ 【試験機関】(一財)食品薬品安全センター秦野研究所 〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉
・雌雄の生殖能力および次世代児への影響/【試験名称】簡易生殖発生毒性試験 【試験機関】(一財)食品薬品安全センター秦野研究所 〈GLP(優良試験所基準)適合施設〉

ナノイー発生ユニットは交換が不要です。★5

★3:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)とナノイー(代表的な粒子径:13nm)との比較による。〈当社調べ〉
★4:空気イオンとの比較。一般的な空気イオンの寿命:数十秒〜100秒。ナノイーの寿命:約600秒。〈当社調べ〉
★5:故障の時は交換が必要です。

※1:【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験方法】〈加湿する水〉日本電機工業会 自主基準(HD-133)の性能評価試験にて実施 〈加湿フィルター〉抗菌力試験方法(ハロー法)にて確認 【除菌の方法】除菌防カビユニットをトレー内に配置 【対象】〈加湿する水〉除菌防カビユニットを配置したトレー内の水 〈加湿フィルター〉トレー内の水が浸透した加湿フィルター 【試験結果】〈加湿する水〉6時間で99%以上抑制(第17059384003-0101号) 〈加湿フィルター〉抑制を確認(第17059384001-0101号) (試験はいずれも2種類の菌で実施)