時間がかかる!

早く洗って乾かせる機種は?

今のドラム式は、スピーディにお洗濯終了!

昔のドラム式は、少ない水で洗濯する分、洗濯時間が1時間近くかかっていました。 今は、洗濯槽の動きの工夫や、水流によって、洗浄力が大幅に向上。洗濯1回あたりの時間が約32分※1と、ぐんと短くなりました。

せっかくの休日を洗濯で終わらせないために

「平日は仕事で忙しいから、洗濯はもっぱら週末にまとめて。最低2回は洗濯機を運転するから、午前中は洗濯で終わってしまう」「洗濯は夜にするから、洗濯が終わるまで眠れない」 そんな方におすすめなのが、大容量の洗濯機です。
ドラム式は、洗濯容量11 kg。まとめてたっぷり洗え、しかも1回あたりの洗濯時間(おまかせコース)が約32分※1なので、洗濯が手早く終えられます。
タテ型は、業界最大クラス洗濯容量12 kgタイプが新登場!ふだんのまとめ洗いはもちろん、毛布などの大物も一度にたっぷり洗えます**。薄手のシングル毛布(綿毛布1枚1.5 kg以下)なら、4枚まとめて洗えます(毛布コース:洗濯容量6 kg)。

 

* NA-FW120V2・FA120V2。国内家庭用タテ型全自動洗濯機において。2019年5月8日現在。
** 1回あたりの洗濯時間(おまかせコース)は約43分※2

せっかくの休日を洗濯で終わらせないために

乾燥までするなら、ヒートポンプ乾燥が時短に

同じ乾燥容量(6 kg)でも、タテ型洗濯乾燥機よりヒートポンプ乾燥のドラム式(VXシリーズ)の方が短時間です(NA-FW120V2:約240分、NA-VX9900L/R:標準で約98分、省エネなら約165分)※3 。
夜にお洗濯する方なら、乾燥までスピーディにできるヒートポンプ乾燥のドラム式を使えば、平日にこまめにお洗濯できるように。週末のまとめ洗いから解放されます。

乾燥までするなら、ヒートポンプ乾燥が時短に
■軽い汚れの化繊衣類なら、朝のうちに洗濯~乾燥まで【化繊60分コース】

ヒートポンプ乾燥のドラム式(VX9900・VX8900・VX7900)には「化繊60分」コースもついています。軽い汚れ、乾きやすい衣類(1 kgまで※4)なら、洗濯~乾燥まで60分で終了。洗い忘れた子どもの体操服や、急な出張前のワイシャツ(化繊80%以上)などを洗いたい時、お急ぎの時に便利です。

エコナビで時短になる機種も

「エコナビ」というと節電のイメージが強いですが、実はムダを見つけて自動で時短になる機種もあります。「水温が高い」など、その日の洗濯物内容に合わせて運転時間を短縮します。

※1 定格11 kg(VX9900L/R・VX8900L/R)洗濯時、「おまかせ」コースでの洗濯所要時間(目安)。日本電機工業会自主基準「洗濯性能評価方法」による。
※2 定格12 kg(FW120V2・FA120V2)洗濯時、「おまかせ」コースでの洗濯所要時間(目安)。日本電機工業会自主基準「洗濯性能評価方法」による。
※3 NA-VX9900L/Rの場合。定格6 kg洗濯乾燥時、「おまかせ」コースの場合。所要時間は室温20 ℃の場合。給水・水時間を含む。衣類の状況と使用環境により運転時間は増減します。
※4 化繊80%以上の衣類。タオルなど、ドラム槽に貼り付きやすいものは、乾かないことがあります。

お悩みを解決してくれる機種は?

容量が足りない!

我が家の適正容量は?

クリックすると「容量が足りない!我が家の適正容量は?」のページに移動します

取り出しにくい!

ラクな姿勢でからまず取り出せる機種は?

クリックすると「取り出しにくい!ラクな姿勢でからまず取り出せる機種は?」のページに移動します

音が気になる

夜のうちに洗濯をするならどの機種?

クリックすると「音が気になる 夜のうちに洗濯をするならどの機種?」のページに移動します

黒カビ、糸くずが気になる

お手入れしやすい機種は?

クリックすると「黒カビ、糸くずが気になる お手入れしやすい機種は?」のページに移動します

ニオイが気になる

生乾きの嫌なニオイを防ぐには?

クリックすると「ニオイが気になる 生乾きの嫌なニオイを防ぐには?」のページに移動します