我が家の適性容量は?

容量はどれを選んだらいいの・・・?容量はどれを選んだらいいの・・・?

容量の目安は1人1日約1.5 kg!+αの余裕があると便利

毎日洗うなら、少なくとも1.5 kg×家族人数の洗濯・脱水容量の洗濯機を選びましょう。さらに、シーツなどを洗ったりすることも考えると、少し大きめ容量のものがおすすめです。
衣類の重さを記した「洗濯・脱水容量の目安一覧表」もご参考にしてください。

1日1人分の洗濯物の目安(約1.5kg)当社調べ1日1人分の洗濯物の目安(約1.5kg)当社調べ
  • 各衣類の重さの目安は、一般財団法人日本電機工業会・自主基準によるものです。

  • 定格容量(洗濯・脱水)はJIS(日本産業規格)で規定の布地を洗濯した場合のものです。洗濯物の種類・大きさ・厚さなどによって洗える量が異なります。

  • ( )内は1枚の重さの目安です。

少なめの量を毎日洗うなら、容量6~7 kgのタイプを

1~2人暮らしなら、容量6~7 kgあれば足りるでしょう。
雨が続いた日、泊まりがけの出張や旅行から帰ってきた日などの洗濯を考えると、余裕をみて、7 kg以上の洗濯機もおすすめです。

【こんな人におすすめ】

  • 1~2人暮らしで、少なめの量を毎日洗いたい

  • 1~2人暮らしで、2~3日に1回洗いたい

マンションなどにも置きやすい!
容量7 kgのドラム式もあります。

幅・奥行約60 cmの「キューブル(洗濯脱水容量7 kg、乾燥容量3.5 kg)」はコンパクトで1~2人暮らしにもおすすめです。

ファミリーで毎日洗うなら、容量8 kg以上のタイプを

子どもの服などたっぷりの洗濯物が出るから、洗濯は毎日するご家庭なら、余裕をみて容量8 kg以上の洗濯機がおすすめです。雨が続いたとき、家族旅行から帰ってきたときなども、まとめて洗うことができます。

【こんな人におすすめ】

  • 1~2人暮らしで、週末にまとめ洗いしたい

  • 3人以上の暮らしで、毎日洗いたい

  • 3人以上の暮らしで、2~3日に1回まとめ洗いがしたい

  • シーツなどもまとめて一気に洗いたい

イメージ写真:大人二人と子ども二人の四人家族

一気にまとめ洗いし、洗濯回数を減らしたいなら、大容量12 kgのタイプを

容量12 kgを使えば、週末のまとめ洗いも一気に終わり、洗濯の時短になります。
洗濯機のサイズも10 kgタイプと大きな差はないので、一度検討してみては。

【こんな人におすすめ】

  • 大きな毛布も洗いたい

  • 洗濯の回数をとにかく減らしたい

乾燥容量も忘れずにチェック

雨の日・風が強い日・花粉シーズンなど外干しできないときや、洗濯機を2回以上回して干す場所がなくなったときなど、乾燥機能が大活躍します。
洗濯乾燥機を選ぶ場合は、乾燥容量も確認してください。洗濯容量が同じでも、ドラム式とタテ型は、乾燥容量が異なります。

洗濯・脱水容量が同じ10kgの洗濯乾燥機なら、ドラム式のほうが乾燥容量は多いです。

「送風乾燥」は乾燥機能ではない?

全自動洗濯機の「送風乾燥」は熱ではなく風で衣類を乾かす機能。化繊などの薄手衣類に使う機能です。
洗濯・脱水容量7 kg以上なら、洗濯機と乾燥機能が一体になった洗濯乾燥機タイプがあります。

洗濯機選びの疑問を解決

我が家の適性容量は?

クリックすると「我が家の適正容量は?」のページに移動します

ドラム式は時間がかかる?

クリックすると「ドラム式は時間がかかる?」のページに移動します

夜でも音控えめに洗濯できる機種はどれ?

クリックすると「夜でも音控えめに洗濯できる機種はどれ?」のページに移動します

部屋干しの嫌なニオイを防ぐには?

クリックすると「部屋干しの嫌なニオイを防ぐには?」のページに移動します

取り出しやすい機種はどれ?

クリックすると「取り出しやすい機種はどれ?」のページに移動します