パナソニック 空調家電の歴史 -各年代における空気質課題への挑戦-

メインビジュアルです。メインビジュアルです。

それぞれの時代について詳しく見る

このページはパナソニックミュージアムものづくりイズム館の企画展「風と空気をつくる」をもとに構成しています。

企画展「風と空気をつくる」の内容の一部である、住環境の変化とパナソニック空気質関連製品の変遷は、PDFでもご確認いただけます。
下記のボタンで表示後、横にスクロールしてご覧ください。

1920-1940年代開放型住宅が多く、空気は自然に調節されていた時代

日本家屋は夏の蒸し暑さに対応するため、むき出しの柱に板張りの床や土壁など、風通しを良くするための工夫が施されていました。冬は厚着をして囲炉裏や火鉢で暖をとっていました。

パナソニック製品

パナソニックの扇風機第1号である「MURZ」が誕生したのは1936(昭和11)年。ここから、パナソニックの空調家電の歴史がスタートしました。

扇風機 第1号「MURZ」
1936(昭和11)年

パーソナル扇風機
1952(昭和27)年

1950-1960年代電化元年~高度経済成長期へ

鉄筋コンクリート構造の公営集合住宅が全国的に普及。木造住宅と比べて気密性が格段に高まったことで、煙やにおいの排出が課題となり、台所、浴室やトイレに換気扇が必要となりました。

高度経済成長に合わせて、大気汚染が深刻化。呼吸器障害を引き起こす公害が社会問題に。

パナソニック製品

日本の住宅に合わせて開発された電化製品が家庭に入り始めた時代。1958(昭和33)年には、クーラー1号機「ナショナル・ホームクーラー」が誕生しました。

12インチ卓上扇
1953(昭和28)年

日本初 公団住宅用 指定換気扇
1958(昭和33)年

クーラー1号機「ナショナル・ホームクーラー」
1958(昭和33)年

空気清浄機1号機 床置きフィルター型
1962(昭和37)年

卓上扇「白鳥」
1966(昭和41)年

世界初 電動シャッター付き 換気扇
1968(昭和43)年

壁掛けクーラー「樹氷」
1969(昭和44)年

できごと

1953年 電化元年
1960年代 「三種の神器」登場(電気洗濯機・電気冷蔵庫・白黒テレビ)
1964年 東京オリンピックが開催される

1970-1980年代高気密・高断熱住宅が普及。湿気の排出が課題に

暖房効率を高めるアルミサッシ、グラスウールなどを用いたマホービン構造の高気密・高断熱住宅が普及。それに伴い、住居全体の換気を考える必要性が生じてきました。また、生活環境の中での空気汚染も問題として認識され始めました。

タバコを吸わない人もタバコの先から出る煙を吸う「受動喫煙」による健康リスクが問題となりました。

家の中の1mm以下のハウスダストや、アレルギー疾患を引き起こすアレル物質に注目が集まりました。

パナソニック製品

住まいの断熱効率が向上していった時代。パナソニックは、1972(昭和47)年に業界初の「壁掛け冷暖房エアコン」を発売。 冷房だけでなく、暖房機能のついた「エアコン」の登場です。

煙・ガス感知式自動換気扇
1972(昭和47)年

業界初 壁掛冷暖房エアコン
1972(昭和47)年

インテリア型換気扇
1976(昭和51)年

インバーターエアコン
1983(昭和58)年

自動運転「煙センサー」搭載空気清浄機
1986(昭和61)年

「1/f ゆらぎの風」
1988(昭和63)年

空気清浄機能搭載エアコン「エオリア」
1988(昭和63)年

できごと

1971年 環境庁発足
1973年 第1次オイルショック
1979年 第2次オイルショック、省エネ法成立

1990-2000年代花粉やペット臭など、生活環境の空気汚染が課題に

建材が多様化して、新建材から発生する化学物質によるシックハウス症候群が社会問題になり、室内空気質を新鮮に保つために機械換気設備の設置が法律で義務化されました。空気が健康に影響を与えるという認識が格段に広まりました。

高度経済成長期に大量に植樹された、建築用木材のスギやヒノキから飛散する花粉量が増大。花粉症患者が増えました。

建材に含まれる化学物質で汚染された室内の空気が引き起こす体調不良、「シックハウス症候群」が問題になりました。

2000年ころから、犬や猫などの小型動物を飼育する家庭が増加。ペットの臭い対策に関心が集まりました。

パナソニック製品

室内など、生活環境の空気質をきれいにすることに注目が集まった時代。パナソニックでも、空気清浄機が数多く開発されました。

業界初 R410A冷媒搭載エアコン
1998(平成10)年

新形態3次元気流 コーナーエアコン
1998(平成10年)

世界初 アレル物質抑制「アレルバスター」搭載空気清浄機
2003(平成15)年

世界初 「ナノイー」搭載空気清浄機「エアーリフレ」
2003(平成15)年

世界初 お掃除ロボット搭載エアコン
2005(平成17)年

業務用 空間清浄システム「ウイルスウォッシャー」
2006(平成18)年

「ナノイー」搭載エアコン
2008(平成20)年

エコナビ搭載エアコン
2009(平成21)年

できごと

1993年 公害対策基本法に変わり環境基本法が成立
2001年 環境省発足/フロン排出抑制法成立
2002年 健康増進法成立
2003年 建築基準法改正(シックハウス対策強化)
2005年 京都議定書発効 エコブームに
2008年 リーマンショック/省エネ法改正
2009年 新型インフルエンザが世界中で感染拡大

2010-2020年代室内空気質の向上に対する関心がさらに高まる

花粉やPM2.5などの外気の汚れが、くらしや体に影響を与えることが顕在化。人々が長時間過ごす室内の空気質を向上させ、健康で安心で快適な室内環境を整えながら、地球温暖化やエネルギー問題への対策としての省エネルギー住宅への関心が高まりました。

感染症を引き起こす病原体になりうる有害な細菌、ウイルスなどに対応する意識が高まっています。

PM2.5は、空気中に漂う2.5μm以下の粒子。肺の奥深くまで入りやすく、炎症反応や血液中への混入などの恐れがあります。

パナソニック製品

人々がより快適な生活を求めながら、環境保護・省エネに対する意識が高まっていった時代。空調家電にも、スマート機能やAIを活用したモデルが次々と誕生しました。

パナソニックスマート搭載エアコン
2012(平成24)年

天井埋込形 ナノイー発生機
2012(平成24)年

DCモーター採用扇風機
2013(平成25)年

創風機Q
2015(平成27)年

業務用 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」
2013(平成25 )年

「ナノイー X」ダブル湿度気流搭載エアコン
2016(平成28)年

家庭用 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」
2017(平成29)年

AI先読み空気清浄機エアコン
2018(平成30)年

できごと

2011年 東日本大震災発生
2017年 建築物省エネ法成立
2019年 建築物省エネ法改正

ニューノーマル時代の室内環境の提案

きれいで快適、そして安全な室内環境が求められていく、これからのニューノーマルに合わせて、パナソニックは快適な空気質の創造に挑戦し続けます。
空気環境から「気持ちよさ」、つまり感性価値を高める時代へ。製品を通じて社会に貢献することを目指します。
空気を健やかにする最新の商品情報

エアコン「エオリア」

次亜塩素酸 空間除菌脱臭機
(ジアイーノ)

加湿空気清浄機

扇風機/天井扇
(シーリングファン)

衣類乾燥除湿機

加湿機

「ナノイー」「ナノイー X」

パナソニックミュージアム ものづくりイズム館にて企画展開催中
当社の室内空気質事業の歴史を振り返るとともに、これからのニューノーマル時代の生活に適した室内環境を探ります。

開催期間:2020年9月5日(土)~2021年2月27日(土)
開催時間:9時00分~17時00分

空気を学ぶ ①
–データ編–

目に見えない空気をちゃんと知るために。人と空気の関係をデータから読み解いてみよう。

「空気を学ぶ–データ編–」へリンクする画像です。クリックすると詳細ページへリンクします。

空気を学ぶ ②
–歴史編–

健康な暮らしに大切な「室内の空気」。今と昔でどのように違うのか、住空間の歴史から考えてみよう。

「空気を学ぶ–歴史編–」へリンクする画像です。クリックすると詳細ページへリンクします。
パナソニックが考える
いい空気とは?

健やかで、心地よく、心豊かな時間を過ごすための「いい空気」って何だろう?4つのポイントから提案します。

「パナソニックが考えるいい空気とは?」へリンクする画像です。クリックすると詳細ページへリンクします。