「お部屋ジャンプリンク」でできること

テレビ放送を
別の部屋で見る
(放送転送)

[放送転送]

どの部屋でもいま放送中のテレビ番組を楽しめる

レコーダー(ディーガ)・テレビ(ビエラ)から放送中のテレビ番組を転送して、アンテナがない部屋のテレビでリアルタイムに楽しむことができます※1。たとえば、BS/CS放送の契約済みB-CASカードがひとつしかないときに便利です。また、ディーガで同時録画中※2でも放送転送が行えます。

[こんなときに便利]

見たい時間が重なってもOK。同時にBS/CS番組を選べる

BS/CS放送を見られるのは、唯一リビングのテレビだけ…という場合に「放送転送」が便利。リビングから別の部屋の対応機器(ビエラなど)に放送転送すれば、寝室でくつろぎながらテレビ観戦OK。ディーガなら、2ヵ所で同時にそれぞれ好きなBS/CS番組を楽しめます※2

BS/CS放送を見たい時間が重なったら、リビングのディーガから放送転送 BS/CS放送を見たい時間が重なったら、リビングのディーガから放送転送

●「アクトビラ」などのネットワークを利用する機能を使用中などの場合、「お部屋ジャンプリンク」を使って再生することはできません。放送転送にはチューナーの空きが必要です。全チューナー使用時は放送転送できません。
●「チャンネル録画」機能対応モデルで、追加チャンネルを登録した場合、電源オン時は放送転送できません。詳しくは機能制限一覧表をご覧ください。
●「時間指定チャンネル録画」機能対応モデルで、チャンネル録画中は放送転送できません。詳しくは機能制限一覧表をご覧ください。

※1 レコーダー(ディーガ)のチューナーで受信した地上・BS・110度CSデジタル放送を一時的に録画。その録画中の番組の「追っかけ再生」映像を転送し、受信機器にてほぼリアルタイムで視聴できます。
※2 機器の使用状況によっては視聴できない場合があります。詳しくは使用上のご注意およびディーガ同時動作制限早見表または機能制限一覧表をご覧ください。

●建物の構造や周囲の環境によっては、電波が届かない場合があります。
お使いになる前に使用上のご注意をご覧ください。
●記載されている各種名称、会社名、商品名などは、各社の登録商標または商標です。