洗濯槽の黒カビ予防と対策

洗濯機の黒カビ予防と対策洗濯機の黒カビ予防と対策
洗濯槽の裏につく見えない黒カビ。
日々の予防と対策を行い、大切な衣類を上手に洗濯しましょう。

黒カビ発生のメカニズム

洗濯機からイヤなニオイがしたり、洗濯物を干すときに茶褐色や黒いカスがついていたり・・・。
これは、洗濯槽の裏側についたカビが原因なのです。
洗剤と汚れが結合して洗剤カス(石ケンカス)が発生し、それがタンクや外周部に付着すると、空気中にあるカビがこれらを分解して自然に戻そうとして黒カビとなります。
黒カビは環境により発生期間が異なり、色も黄色→茶褐色→黒色と変わってくるのが一般的です。

洗濯槽のカビ
黒カビ発生のメカニズム 黒カビ発生のメカニズム

黒カビ発生を予防するには

洗濯槽に黒カビが発生しないようにするための予防法をご紹介します。
タンクの種類や季節によって黒カビの発生度合いは違います。

洗濯槽イメージ
<洗濯のたびに>洗剤の使用量を守る
洗剤の使用量を守る

洗剤を入れすぎると、溶け残ってカビの栄養分に。

さらに便利!「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能とは?

衣類の量に応じて、液体合成洗剤や柔軟剤を自動計量して投入します。洗濯のたびに洗剤を計量する手間が省け、液体洗剤や柔軟剤の使い過ぎも防ぎます。一部のドラム式洗濯乾燥機(NA-VX900A・VX800A・VG2400・VG1400)・タテ型洗濯乾燥機(NA-FW100K8・FW90K8・FW80K8)に搭載しています。

<週に1度は>「槽乾燥」をする
洗濯終了後に乾燥運転を

ドラム式洗濯乾燥機・タテ型洗濯乾燥機は、洗濯終了後に乾燥運転を。洗濯槽内の湿気を取り除き、槽の裏側までカラッと乾かしてカビ発生を防ぎます※1
「槽乾燥」コースがある機種は「槽乾燥」コースをお使いください(運転時間:レギュラータイプのドラム式〈VXシリーズ〉の場合約30分)。

<月に1度は>「槽洗浄」をする
市販の「衣類用の塩素系漂白剤」で洗濯槽の洗浄を

「槽洗浄」とは、衣類を入れずに、洗浄剤を使って洗濯槽をお手入れすることです。
黒カビ・ニオイの予防には、市販の「衣類用の塩素系漂白剤」をお使いください。洗濯槽を清潔に保ち、黒カビ発生を防ぎます※2
月に1回が目安です。
水量50 Lに対して、衣類用の塩素系漂白剤を約200 mLを入れます。約11時間そのままにしてから、すすぎと脱水運転を行います。

「槽洗浄は時間がかかる・・・」そんなお困りにお応えする、パナソニックの「槽洗浄」コースとは

パナソニックのドラム式とタテ型には、約6時間で槽洗浄できる機種があります。 温水機能搭載のドラム式なら、約3時間で槽洗浄できる「約30 ℃槽洗浄」コースを搭載しています。

*機種によって、槽洗浄の時間は異なります

月に1度の槽洗浄のタイミングをお知らせする機種も登場

洗濯機を1ヵ月相当使ったら、槽洗浄サインでお知らせするタテ型洗濯乾燥機・洗濯機が新登場。槽洗浄のタイミングがわかるから、忘れずにお手入れできます。

パナソニックの洗濯機は「自動槽洗浄」搭載!

洗濯するたびに、見えない部分まで自動でお手入れ。
黒カビ発生の原因になる洗剤カスの付着を抑えます。

「自動槽洗浄」のイメージ図

ドラム式にはスチームで黒カビの発育を抑制※3する新コース搭載機種も

約60 ℃の温水でスチームを発生させ、黒カビを抑制※3。槽のカビ臭や衣類への黒カビ付着を抑制します。洗浄剤を使わないので、コストがかからず経済的。洗浄剤のニオイが気になる方にもおすすめです。

「自動槽洗浄」のイメージ図

黒カビが発生した時の対処法

「洗濯槽クリーナー」で「槽洗浄」をする

洗濯物に茶褐色・黒い汚れが付いたら、別売品の「洗濯槽クリーナー」でお手入れを。黒カビ・イヤなニオイをしっかり分解して、槽を清潔に洗浄します。

「自動槽洗浄」のイメージ図
洗濯槽クリーナー(塩素系)
N-W1A(1回分 1500 mL)

メーカー希望小売価格 2,100円(税抜)
全メーカー共通・ステンレス槽にも使えます

洗濯槽クリーナー(塩素系)
ドラム式洗濯機用
N-W2(1回分 750 mL)

メーカー希望小売価格 1,600円(税抜)

ドラム式洗濯機用
風呂水を使用のときは、風呂水吸水ホースも洗ってください

ここも忘れずに!
風呂水を使用のときは、風呂水吸水ホースも洗ってください。

黒カビ発生を抑える効果が証明されています
※1 「槽乾燥」コースによる黒カビ抑制

[試験機関] (一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日] ドラム式:2009年5月19日 タテ型: 2018年3月30日 [試験成績書発行番号] ドラム式:第209041323-001号 タテ型:第18008646001-0101号 [試験方法] ドラム槽(タテ型:洗濯・脱水槽)に取り付けた培地付着布の黒カビ抑制確認 [黒カビ抑制方法] 乾燥による [対象部分] ドラム槽(タテ型:洗濯・脱水槽)

[試験結果] 黒カビの発育なし

※2 「槽洗浄」コースによる黒カビ抑制

[試験機関] (一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日] ドラム式:2009年2月20日 タテ型: 2018年3月23日 [試験成績書発行番号] ドラム式:第209011371-001号 タテ型: 第18008665001-0101号 [試験方法] 菌液の生菌数測定 [黒カビ抑制方法] 塩素系漂白剤による [対象部分]ドラム槽(タテ型:洗濯・脱水槽)

[試験結果] 菌の減少率99.9%以上(自社換算値)

※3 「約60 ℃槽カビクリーン」コースによる黒カビ抑制

[試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日] 2019年4月22日 [試験成績書発行番号] 第19015638001-0101号 [試験方法] 外槽に取り付けたカビ培養プレートの生菌数測定 [黒カビ抑制方法] 加熱高温水と温水スチームによる [対象部分]外槽

[試験結果]菌の減少率99%以上(自社換算値)

こちらもおすすめ

我が家にぴったりなのはドラム式?タテ型?洗濯乾燥機の賢い選び方