ナノイーX

水から生まれた清潔イオン「ナノイーX」のメインビジュアルです。水から生まれた清潔イオン「ナノイーX」のメインビジュアルです。
ナノイーは、花粉やハウスダストなどの空気リスクとたたかうイオン。様々な物質に作用するOHラジカルが含まれ、有害物質を抑制します。ナノイーは、私たちの暮らしの中にますます拡がっています。

ナノイーX(48兆)搭載で、花粉をさらにすばやく抑制!

スギ花粉の99%抑制スピードが、4倍にアップ!★1

★1:ナノイーX(9.6兆)では約12時間で99%以上抑制※2、ナノイーX(48兆)では約3時間で99%以上抑制※3、(約6畳空間での評価、当社調べ)。

花粉(スギ)の抑制時間を表したグラフです。ナノイーXは約24時間で99%以上抑制、高濃度のナノイーXは約12時間で99%以上抑制。※1※2

パワーアップしたナノイーXが、従来よりもさらにすばやく効果を発揮します。

花粉(スギ)の抑制時間を表したグラフです。ナノイーXは約24時間で99%以上抑制、高濃度のナノイーXは約12時間で99%以上抑制。※1※2

ナノイーX技術について

このエリアは、ナノイーデバイスについての解説です。 検証結果の数値は、空気清浄機実機によるものではありません。

空気の汚れとたたかうイオン、ナノイーX

一般的な空気イオンに比べ、1000倍以上★2の水分量があります。

水分が豊富

一般的な空気イオンに比べ、水に包まれているから消滅しにくく、OHラジカルを長く保てるため、広範囲に届きます。

寿命が約6倍★2長持ち

ナノイーは、OHラジカルを含んだ水のカプセル。ナノイーX(4.8兆)ではOHラジカルの発生メカニズムを革新し、発生量が10倍、ナノイーX(9.6兆)では20倍、ナノイーX(48兆)では100倍に。

除菌の決め手OHラジカルが豊富

★2:一般的な空気イオン(代表的な粒子径:1.3nm)とナノイー(代表的な粒子径:13nm)との比較(当社調べ)。
★3:空気イオンとの比較。一般的な空気イオンの寿命:数10秒~100秒。ナノイーの寿命:約600秒(当社調べ)。

ナノイー技術進化の歩み

OHラジカルの量の変化を表したイメージ画像です。ナノイー4800億個/秒、ナノイーX4兆8000億個/秒、高濃度のナノイーX9兆6000億個/秒。OHラジカルの量の変化を表したイメージ画像です。ナノイー4800億個/秒、ナノイーX4兆8000億個/秒、高濃度のナノイーX9兆6000億個/秒。

●イラストはイメージです。
★4:ESR法による測定(発生装置直後のOHラジカル量)(当社調べ)。

発生装置は交換不要

電極が磨耗しない工夫とぺルチェ素子を活用したイオン生成技術。

ナノイー(48兆)デバイスは交換不要です。

効果

独自のイオンテクノロジーでさまざまな有害物質に作用します。

花粉

日本の主要な花粉(13種類)を抑制★5

地域や季節によって飛散する様々な花粉を抑制★5します。
お部屋に入り込んでしまう花粉を抑制し、お部屋の空気をクリーンに保ちます。

★5:約6畳の試験空間での約24時間後の効果※4

13種類の花粉の画像と分布図です。北海道(カモガヤ、ハンノキ、ヨモギ、シラカンバ)、本州(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ハンノキ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ、カナムグラ)、四国(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ハンノキ、ブタクサ、ヨモギ、ビャクシン、オリーブ)、沖縄(モクマオウ、ススキ)。13種類の花粉の画像と分布図です。北海道(カモガヤ、ハンノキ、ヨモギ、シラカンバ)、本州(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ハンノキ、ブタクサ、ヨモギ、オオアワガエリ、カナムグラ)、四国(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ハンノキ、ブタクサ、ヨモギ、ビャクシン、オリーブ)、沖縄(モクマオウ、ススキ)。

PM2.5

PM2.5に付着する大気汚染物質の
芳香族カルボン酸・アルカンを抑制★6★7

ナノイーXなら付着したPM2.5などに含まれる汚染物質の芳香族カルボン酸を約2倍※5※6、アルカンを約1.5倍※5※6でスピード分解。

★6:約6畳空間での約8時間後(芳香族カルボン酸)、約16時間後(アルカン)の効果※5
★7:約6畳空間での約16時間後(芳香族カルボン酸)、約24時間後(アルカン)の効果※6

芳香族カルボン酸減少率のグラフ。ナノイーは約24時間で約100%減少、ナノイーXは約8時間で約100%減少。

芳香族カルボン酸

(酸性雨の原因となる物質)

アルカン

(ディーゼル排気により発生する物質)

アレル物質

室内のアレル物質30種類を抑制★8

室内のアレル物質(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・コナヒョウヒダニ・カナリア・インコ・ウサギ・ハムスター・ハツカネズミ・モルモット・チャタテムシ・ゴキブリ・ガ・シラカンバ・ハンノキ・オリーブ・ススキ・ビャクシン・ヨモギ・モクマオウ・カナムグラ・オオアワガエリ・アルテルナリア・ヤケヒョウダニ・マラセチア・アスペルギルス・カンジダ・イヌ・ネコ)を抑制★8します。

★8:約6畳の試験空間での約24時間後の効果※4※7

室内のアレル物質のイメージ画像です。

菌・ウイルス

ウイルス

約6畳密閉空間での〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約8時間後の効果※8

カビ菌

約6畳空間での約8時間後の効果※9

約6畳密閉空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後の効果※10

(数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。)

菌、カビ菌のイメージ画像です。

ニオイ

タバコ臭など気になる7種類のニオイを脱臭★9

★9:約6畳の試験空間での約12分後の効果※11

タバコ臭
煙の出ているタバコの画像です。
ペット臭
ソファに座る犬の画像です。
生ゴミ臭
野菜の皮などの生ゴミの画像です。
枕の頭皮臭(枕カバー)
枕の画像です。
汗臭
汗を拭く男性の画像です。
焼肉臭
焼肉の画像です。
生乾き臭
部屋干ししている画像です。

●空気中から除去できるニオイは上記に限りません。脱臭フィルター効果で、より幅広いニオイに対応しています。※11

ナノイーXならタバコ臭を※12速く脱臭、約12分で臭気強度2.4低減。

(臭気強度が「1下がる」とは約90%低減を意味します)

ニオイの変化を表したグラフ。縦軸は臭気強度0から5、横軸は経過時間0分から120分。自然放置では120分経過で臭気強度1.4低減、ナノイーでは120分経過で臭気強度2.4低減、ナノイーXでは12分経過で臭気強度2.4低減。

●実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。ナノイー・ナノイーXはウイルス等を抑制する機能はありますが、感染予防を保証するものではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。タバコに含まれる有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分(建材臭・ペット臭など)は、すべて除去できるわけではありません。季節や湿度等の周辺環境や個人差で、効果は異なります。ナノイーがあたらない肌や髪についても、効果は異なります。

※1:花粉の代表格であるスギ花粉において、花粉に含まれるアレル物質を無害な物質へ99%以上変性。<スギ花粉>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験空間で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】F-VXS90と同等性能機種を運転し、ナノイーを放出。【対象】花粉(スギ)【試験結果】約24時間で99%以上抑制(L20YA052)。
※2:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験空間で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】F-VXT90と同等性能機種を運転し、ナノイーを放出。【対象】花粉(スギ)【試験結果】約12時間で99%以上抑制(L20YA051)。
※3:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験空間で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】F-VXU90を運転し、ナノイーを放出。【対象】花粉(スギ)【試験結果】約3時間で99%以上抑制(H21YA020-1)。
※4:<スギ花粉>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳空間で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約8時間で97%以上抑制、約24時間で99%以上抑制(4AA33-151001-F01)。<スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ花粉>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳空間で電気泳動法による検証【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】花粉(スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ススキ・シラカンバ・ヨモギ・オリーブ・ビャクシン・モクマオウ・ハンノキ・オオアワガエリ・カナムグラ)【試験結果】約24時間で低減効果を確認(4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、4AA33-160701-F01、1V332-180301-F01)。
※5:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【試験結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約8時間で99%以上分解(Y17NF096)〈アルカン:ヘキサデカン〉約16時間で99%以上分解(Y17NF089)。
※6:【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【試験結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約16時間で99%以上分解(Y13NF135)〈アルカン:ヘキサデカン〉約24時間で99%以上分解(Y13NF136)。
※7:<ナノイーX>【試験機関】パナソニック ホールディングス(株)プロダクト解析センター【試験方法】電気泳動法による検証(コナヒョウヒダニのみ:布に付着させたアレル物質をELISA法で測定)【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】アレル物質(ウサギ・モルモット・ハムスター・ハツカネズミ・カナリア・インコ・スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ハンノキ・シラカンバ・オリーブ・ススキ・ビャクシン・モクマオウ・ヨモギ・チャタテムシ・オオアワガエリ・カナムグラ花粉・ヤケヒョウヒダニ・コナヒョウヒダニ・アルテルナリア・アスペルギルス・カンジダ・マラセチア・ゴキブリ・ガ・イヌ・ネコ)【試験結果】低減効果を確認(1V332-180614-Y03、1V332-180806-Y04、1V332-180806-Y02、1V332-180806-Y03、1V332-190131-Y01、1V332-180806-Y01、4AA33-151015-F01、4AA33-151028-F01、4AA33-160601-F01、4AA33-160601-F02、1V332-190130-Y01、4AA33-160701-F01、1V332-180301-F01、4AA33-160615-F01、4AA33-170301-F15、4AA33-160615-F02、4AA33-160615-F03、4AA33-160620-F01)。
※8:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発24_0300_1号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたウイルス感染価を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年2月11日、第13001265005-01号、試験は1種類のみのウイルスで実施)。
※9:【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約8時間で抑制効果を確認(2013年6月14日、第13044083002-01号)。
※10:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発24_0301_1号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】ナノイーを放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)
※11:タバコを多く吸う、焼肉など、強いニオイがあるときにお使いになると、短い期間でフィルターの交換が必要になる場合があります。このような使い方をされるときは、お部屋の換気と併用することをおすすめします。
※12:ナノイー:約120分で臭気強度1.2低減と、ナノイーX:約12分で臭気強度2.4低減、との比較(当社調べ)。