NEW コード付き スチームアイロン NI-U700

プロ仕様の多彩な機能搭載 大型パワフルタイプ コード付き スチームアイロン NI-U700プロ仕様の多彩な機能搭載 大型パワフルタイプ コード付き スチームアイロン NI-U700

業界最強レベルの大量スチームと広いアイロン面で、本格的な仕上がりに

<NI-U700の4つの特長>

1. 大量スチームでしっかりケア

スチーム量 最大 約25g/分(平均 約20g/分)スチーム量 最大 約25g/分(平均 約20g/分)

圧倒的スチーム力でシワなくキレイ

大容量タンク搭載で、大量スチームでも長時間使えてしっかりシワ伸ばしができます。

  • スチーム量:最大 約25 g/分
    スチーム量:平均 約20 g/分
  • 大容量タンク(一体型タンク):約300 mL
  • 立ち上がり時間:約100秒※2

多彩なスチーム・スプレー機能

パワーショット

ベース全体からたっぷりスチーム噴射

パワーショット(ベース全体からたっぷり)
ハンガーショット

衣類についたタバコ・飲食臭を脱臭※3

ハンガーショット
スプレー

繊維の表面に効果を発揮する細かい水粒子スプレーがシワにビシッと噴射

スプレー

2. 仕上がりと使いやすさを追求した、こだわりのアイロン面

スリムヘッド,U型BIGベース,U型リンク,ラウンドベーススリムヘッド,U型BIGベース,U型リンク,ラウンドベース
U型BIGベース

後方がU型になっているので、アイロンを後ろに動かしてもスムーズに動かせます。

U型BIGベース
スリムヘッド

先端の細いヘッドで、ボタンまわりなどの細かい部分もキレイにかけられます。

スリムヘッド
ラウンドベース

わずかに湾曲したアイロン面により、布地が引っかかりにくく、スムーズにかけられます。

ラウンドベース
U型リンク

後方にもスチームが広がるから、スチームが全体に行き渡ります。

U型リンク

さらに使いやすい

指かけグリップ

差し指にフィットする形状で握りやすさを追求、アイロンをより扱いやすくしました。

指かけグリップ
自動ヒーターオフ

水平状態で約1分後、立てた状態で約10分後、自動で電源が切れるから安心。

水漏れストッパー

使用中に、アイロン面の温度が下がると、スチームが止まり、水漏れを防止。

3. お手入れ簡単。ダブルの機能で目詰まりケア

カルキクリーニング機能カルキクリーニング機能

カルキクリーニング機能

スチームの出方が弱くなったときは、「カルキクリーニングボタン」を使えば、簡単にお手入れができます。
詳しいお手入れ方法は取扱説明書をご確認ください。

目詰まり防止機能

タンクに内蔵された目詰まり防止剤の効果で、目詰まりを起こしにくくします。

4. 抗菌ハンドル※1搭載。さらに衣類の清潔ケアも

抗菌ハンドル※1

ハンドルに抗菌加工※1を施し、使うときに触れる部分の清潔性にも配慮。

抗菌ハンドル
衣類の除菌※4・脱臭※3にも

衣類はもちろん、パリッと仕上げたい綿素材のベッドシーツやテーブルクロスなども、除菌※4・脱臭※3ができます。

清潔ケア(除菌と脱臭)清潔ケア(除菌と脱臭)

おすすめ関連商品

NEW パリッと仕上げにはコードレススチームアイロンのWLシリーズ

コードレススチームアイロン WLシリーズ

がんこなシワ・ニオイもしっかり衣類ケア
NEW NI-FS780

大容量・360° スチームタイプ、NI-FS780

どんな向きでもしっかりシワ・ニオイとり
NEW NI-FS580

360° スチームタイプ、NI-FS580

手軽にサッとシワ・ニオイとり
NI-FS420

コンパクトタイプ、NI-FS420

旅先でもサッとシワとり
NI-MS100

海外対応タイプ、NI-MS100

大量スチームで、シワとりしながら脱臭・除菌
NEW NI-GS400

スチーム専用タイプ、NI-GS400

おすすめコンテンツ

アイロンかけのコツ 基本の使い方

アイロンの基本の使い方やアイテム別のお手入れ方法を紹介

アイロンかけのコツ 基本の使い方

使用環境、使用方法、生地種類等により効果は異なります。

※1 抗菌試験内容 【試験依頼先/試験成績書発行番号】財団法人 ボーケン品質評価機構/25020004798-1 財団法人 日本食品分析センター/第20100895001-0101号 【試験方法】フィルム密着法 JIS Z 2801 【抗菌対象】ハンドルを構成する上下2部品 【抗菌方法】樹脂に抗菌剤を練り込み、塗装部品は、塗装に抗菌剤を添加 【試験結果】2部品とも、抗菌活性値2.0以上を確認
※2 設定温度〈高:約180~200℃〉 になるまでの時間
※3 タバコ臭・飲食臭について(当社調べ)【試験方法】ニオイをつけた(タバコ臭:約30Lの試験容器内で、タバコ臭を約16分間付着/飲食臭:約90Lの試験容器内で、魚、肉を焼いたニオイを約10分間付着)綿の生地に約10秒間スチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価 【試験対象】衣類に付着したタバコ臭・調理臭 【試験結果】タバコ臭:臭気強度1.2以上低下/飲食臭:臭気強度1.5以上低下(脱臭はショット使用時のみ)
※4 除菌試験内容 【試験依頼先】財団法人 日本食品分析センター 【試験成績書発行番号】第20056508001-0201号 【試験成績書発行日】2020年10月12日 【試験方法】アイロン面温度約120℃、スチーム量毎分約5gのモデル試験機による除菌確認(実製品での検証結果ではありません) 【試験結果】3秒間の処理で、99%以上の生菌数の減少を確認(試験は2種類の菌で実施)