【みんなの失敗から学ぶ】お洗濯ハウツー

みんなの失敗から学ぶ,お洗濯ハウツーみんなの失敗から学ぶ,お洗濯ハウツー
「洗濯物がティッシュまみれ!」、「洗ったのに衣類が…におう!?」
お洗濯ビギナーにありがちな失敗とは?

「そもそも洗濯機の使い方すらわからない」
結婚や転勤、一人暮らしスタートなど、新生活へ切り替わり、初めて洗濯しようと思ったら、そんな風に戸惑う人も多いのでは?
そんなお洗濯ビギナーのために、ここでは基本的なお洗濯のハウツーを、みんなの失敗談も交えながらお伝えします。
 

基本的なお洗濯の流れ

【STEP1】洗濯物を入れる

まずは洗濯機に洗濯物を入れましょう。実はこの時点でも、お洗濯ビギナーが陥りがちな失敗が…!?

洗濯物を入れるイメージイラスト

[洗濯物を入れるとき]よくあるみんなの3大失敗

1位 ポケットの中を確認せずに洗濯(52%) 2位 色移りする衣類を他の衣類と一緒に洗濯(27%) 3位 一度に洗いきれない量を洗濯(18%)1位 ポケットの中を確認せずに洗濯(52%) 2位 色移りする衣類を他の衣類と一緒に洗濯(27%) 3位 一度に洗いきれない量を洗濯(18%)
1位 ポケットの中を確認せずに洗濯(52%)
2位 色移りする衣類を他の衣類と一緒に洗濯(27%)
3位 一度に洗いきれない量を洗濯(18%)
 

多かったのはポケットの中のものの取り出し忘れという、“うっかり” 失敗。次に、色移りや一度に洗える洗濯物の量など、知識がない頃にやってしまいがちな失敗が続きました。

みんなの悲しい失敗談

・ティッシュをポケットに入れたまま、洗ってしまい、洗濯物がティッシュまみれに…。

・白い服と、濃い色の服を一緒に洗った。白い服にダイダイ柄ができた。

・洗濯機の大きさに対し、洗濯物を入れすぎた。脱水のとき、洗濯機がありえない音を立て始めて停止し…壊れた。

他にも、音楽プレイヤーやカイロなど、さまざまなものを洗濯してしまったとの声が。
中には「小銭を入れたまま洗濯し、洗濯機を傷つけた」という話も。こちらも、洗濯機の故障にもつながりかねないので、ご注意を!

また、そもそも洗濯機で洗えない衣類もあるので、入れる前に衣類のタグに記載されている絵表示も確認しましょう。
 

[みんなの失敗をふまえて]気を付けるべきチェック項目

①ポケットの中は必ずチェック!
②ジーンズなど、色の濃いものは分け洗いを
③洗濯物はつめこみすぎない!
①ポケットの中は必ずチェック! ②ジーンズなど、色の濃いものは分け洗いを ③洗濯物はつめこみすぎない!

【STEP2】コースを選ぶ

洗濯物を入れたら、次に洗濯機の電源を入れ、コースを選びましょう。基本は「おまかせ」コースでOKですが…!?

洗濯機の操作をするイメージイラスト

[コースを選ぶとき]みんなが無意識にやりがちな失敗

・衣類はすべて「おまかせ」コースなど同じコースで洗浄!(37%) ・どんな衣類でもなるべくまとめ洗い!(30%)・衣類はすべて「おまかせ」コースなど同じコースで洗浄!(37%) ・どんな衣類でもなるべくまとめ洗い!(30%)
・衣類はすべて「おまかせ」コースなど同じコースで洗浄!(37%)
・どんな衣類でもなるべくまとめ洗い!(30%)

まとめて洗うと効率的かつ節約にもつながりますが、下記のような失敗が潜んでいるのをご存知ですか?

みんなの悲しい失敗談

・普段着と一緒のコースで洗ったら、洋服に毛玉ができてしまった。

・ニットが縮み、着られなくなってしまった。

衣類に合ったコースを選んでいないと、衣類を傷めてしまう可能性があるんです!
おしゃれ着などは、デリケートな衣類を洗えるコースでお洗濯するようにしましょう。

また、衣類に合ったコースを選んでいても、「ズボンのチャックがニットに絡まった」や、「下着のホックが他の衣類に絡まり、ほつれてしまった」という声も。
デリケートな衣類は、洗濯ネットを使えばより安心です。

[みんなの失敗をふまえて]気を付けるべきチェック項目

①普段のお洗濯は「おまかせ」コースでOK
②おしゃれ着などは、デリケートな衣類を洗えるコースで
③洗濯ネットを使えば、より安心
①普段のお洗濯は「おまかせ」コースでOK ②おしゃれ着などは、デリケートな衣類を洗えるコースで ③洗濯ネットを使えば、より安心

【STEP3】洗剤・柔軟剤を入れる

コースを選んだあとは、洗濯機のパネルに表示された洗剤量を正しく計量し、投入しましょう。

洗濯機のパネルに表示された洗剤量を確認するイメージイラスト
柔軟剤は、スタートボタンを押す前に「柔軟剤」の投入ケースに。投入ケースがないものは、最後のすすぎのタイミングで槽内に直接投入します。
この手順を守っていれば問題なくお洗濯できるはずですが…!?
柔軟剤を投入するイメージイラスト

[洗剤・柔軟剤を入れるとき]意外と知らない、実は怖い失敗

・香りづけのためなど、柔軟剤を多めに入れている(26%) ・洗剤は目分量で入れている(24%) ・柔軟剤は目分量で入れている(21%)  ・香りづけのためなど、柔軟剤を多めに入れている(26%) ・洗剤は目分量で入れている(24%) ・柔軟剤は目分量で入れている(21%)
・香りづけのためなど、柔軟剤を多めに入れている(26%)
・洗剤は目分量で入れている(24%)
・柔軟剤は目分量で入れている(21%)
 

意外と規定量を守っていない人が多いもよう!?

みんなの悲しい失敗談

・洗剤の量を間違え、服に白く残ってしまった。

・柔軟剤の入れすぎで、ニオイがきつくなってしまった。

・洗剤を入れすぎ、服にベタベタが残った。

ちなみに、「柔軟剤を入れたのに香りがつかなかった」(13%)という声も。
それは、柔軟剤を洗剤と一緒のタイミングで入れてしまっていたり、はたまた、柔軟剤ケースでなく洗剤ケースに入れてしまっているなど、柔軟剤を入れるタイミングや場所を間違えている可能性大。

洗剤・柔軟剤を同時に使うのは、髪を洗う際、シャンプーとトリートメントを同時に使っているようなものです。
シャンプー→トリートメントの順で髪を洗うように、洗剤→柔軟剤の順で使うようにしましょう。

また、すすぎを「2回」で設定している場合、1回目のすすぎで柔軟剤を入れてしまっては、2回目のすすぎできれいさっぱり流されてしまうので要注意。
 

衣類をふわふわに仕上げてくれる柔軟剤ですが、入れすぎると下記のようなことも…!?
あなたの衣類の黒ずみ、柔軟剤が原因かも?

柔軟剤が多すぎると、お洗濯で落としきれずに衣類に堆積し、堆積した柔軟剤が汚れを引き寄せ、衣類が黒ずむことがあります。
洗剤・柔軟剤は適量を守って使用しましょう。

[みんなの失敗をふまえて]気を付けるべきチェック項目

①洗剤・柔軟剤は適切な量を入れる
②効果を発揮するには、投入するタイミング・場所を間違えないこと
①洗剤・柔軟剤は適切な量を入れる ②効果を発揮するには、投入するタイミング・場所を間違えないこと

【STEP4】洗濯物を取り出す

洗濯が終わったら、すぐに洗濯物を取り出して干しましょう。そのまま放置してしまうと…!?

洗濯物を干しているイメージイラスト

[洗濯物を取り出すとき]最後まで気を抜くべからず!な失敗

・洗濯終了後、取り出すのを忘れてしまった(32%) ・洗濯の干し方を失敗した(22%)・洗濯終了後、取り出すのを忘れてしまった(32%) ・洗濯の干し方を失敗した(22%)
・洗濯終了後、取り出すのを忘れてしまった(32%)
・洗濯物の干し方を失敗した(22%)
 

せっかくきれいに洗ったのに、最後の最後にもったいないですよね。

みんなの悲しい失敗談

・洗濯終了後、取り出すのを忘れて、せっかく洗濯したのに、衣類が臭くなった。

・取り出すのを忘れ、もう一度洗う羽目に。

・干し方を失敗。ハンガーの跡がついてしまった。

また、洗濯後すぐに取り出したとしても、「洗濯槽のニオイが服につく気がする」、「バスタオルのニオイがとれない」、「ゴミのようなものがつく」などの声も。

それはひょっとしたら、下記のようなことが原因かも…!?

衣類についたその“ツブツブ”、洗濯機のお手入れ不足が原因かも?

洗濯機からイヤなニオイがしたり、洗濯物を干すときに茶褐色や黒いカスがついていたり…。
これは、洗濯槽の裏側についたカビが原因。
カビの予防や除去には、日頃から洗濯機のお手入れが欠かせません。

[みんなの失敗をふまえて]気を付けるべきチェック項目

①洗濯終了後は放置せず、洗濯物をすぐに取り出す
②衣類に合った正しい干し方をマスターする
③定期的に洗濯槽のお手入れを!
①洗濯終了後は放置せず、洗濯物をすぐに取り出す ②衣類に合った正しい干し方をマスターする ③定期的に洗濯槽のお手入れを!

[調査概要]

調査目的:洗濯に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2020.1.31~2020.2.2
調査人数:全国の18歳~25歳の男女100名

お洗濯ビギナーにぴったりな 洗濯機はこちら

NA-FA70H7

●洗濯・脱水容量7 kg
泡洗浄で衣類を傷めずしっかり汚れを落とす。「おうちクリーニング」コースも搭載

FA70H7

NA-FW80K7

●洗濯・脱水容量8 kg/ 乾燥容量4.5 kg
乾燥機能があればさらに便利。「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」機能も搭載

FW80K7

NA-VG740L/R

●洗濯・脱水容量7 kg/乾燥容量3.5 kg
温水機能で黄ばみもしっかり除去。スタイリッシュ&マンションにも設置しやすい「プチドラム」

NA-VG740L/R

こちらもおすすめ

お洗濯のコツについてもっと知りたい
知らないとソン!お洗濯のコツのリンク
洗濯機の選び方についてもっと知りたい
洗濯乾燥機の賢い選び方のリンク