知らないとソン!お洗濯のコツ

パナソニック洗濯機のおうちクリーニングとは パナソニック洗濯機のおうちクリーニングとは パナソニック洗濯機のおうちクリーニングとは

パナソニック洗濯機のおうちクリーニングとは?

衣類の傷みを抑えてやさしく洗い上げる「おうちクリーニング」コース。
「おまかせ」コースや、お店のクリーニングとの違いとは?

デリケート素材の衣類、おしゃれ着が洗えます

ワンピース カシミアのセーター

今までクリーニングに出していた、デリケートな素材の衣類が洗える「おうちクリーニング」コース。
水流でしっかり押し洗いすることで、生地の傷みを抑えてやさしく洗い上げます。

洗濯マーク
のいずれかの表示があるものが洗えます

以下の衣類は洗えません。
●取り扱い絵表示のないもの ●素材が不明なもの ●色落ちするもの ●皮革・毛皮製品(形くずれします) ●絹・レーヨン・キュプラ製品、その混紡品(変色、形くずれします。中には水洗いできるものもあるので、絵表示を確認してください) ●和服、和装小物 ●シワ・エンボス加工をしたもの ●ちりめんなどの強撚糸使いの生地 ●形くずれするもの(芯地を多く使ったジャケットやワンピース、コート、ネクタイなど) ●毛だおれするもの(ベルベットなどの生地)

どの洗濯機についているコース?

「インバーター」のタテ型洗濯機・洗濯乾燥機と、ドラム式洗濯乾燥機についています。
タテ型とドラム式では、洗浄方式が異なりますが、どちらも衣類を傷めず汚れを落とします。

「おまかせ」コースとの違いは?

ふだん着を洗える「おまかせ」コースは、「洗剤」「水流」「機械の力」の組み合わせで、汚れをしっかり落とします。
「おうちクリーニング」コースは、デリケートな衣類を傷めないように、洗濯槽の動きを抑え、水流の力で押し洗いします。

パナソニックのタテ型洗濯機(洗濯・脱水容量12 kg)なら、「おうちクリーニング」コースで4 kgまで一度に洗えます。(セーター約10枚分*)さらにソフト脱水で、衣類の傷みをおさえます。

*セーター1枚=約400 gとして。日本電機工業会自主基準による。

パナソニックのドラム式なら、「おうちクリーニング」コースに加えて、約30 ℃の温水でおしゃれ着を洗えるコースや、約40 ℃の温水で白物おしゃれ着の黄ばみを予防できるコースがあります。
さらに新商品には約40 ℃の温水でつけおき洗いして黄ばみを除去するコースも搭載しています。

お店の「ドライクリーニング」との違いは?

「ドライクリーニング」は、水を使わず、専用ドラムに衣類と溶剤を入れて洗い、乾燥させる洗い方。溶剤で洗浄するため、水につけると形くずれや変形する衣類に向いています。汗など水溶性の汚れは、水洗いの方がよく落ちます。

「おうちクリーニング」コースで使う洗剤

「おうちクリーニング」コースでは、必ず液体中性洗剤を使ってください。

*液体洗剤には「おまかせ」コースで使える弱アルカリ性のものと、おしゃれ着洗い用の中性のものがあります。必ず中性をお使いください。

エマール

●液体中性洗剤以外は使わないでください。洗剤の溶け残りや繊維への影響が心配されます。洗剤によっては、泡が立ちすぎるものもあり、すすぎが不十分になることがあります。すすぎ回数を増やしてください。
●漂白剤は使わないでください。
●水温は30℃(手で触れたとき、ややぬるい程度の水)以下に。色落ち・縮みを防ぐため、お湯は使わないでください。
●お風呂の残り湯は使わないでください。

Read more おすすめのコンテンツ

「おうちクリーニング」できる衣類の見分け方
「おうちクリーニング」でこんな服も洗える!その1 フォーマル編