NEW 衣類スチーマー NI-FS690 3月上旬発売予定

2WAYタイプ 360°パワフルスチーム

時短で手軽にケア
2WAYタイプ 360°パワフルスチーム

搭載機能搭載機能

1. 360°パワフルスチーム※1

パワフルなスチームが、安定して出続けるパワフルなスチームが、安定して出続ける

写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。
 

パワフルなスチームでシワとりを実証

スチームの見えやすい環境で撮影しています。

連続パワフルスチーム

* 当社従来品2022年発売NI-FS780との比較(当社調べ)
写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。

連続パワフルスチーム

スチームボタンを押している間、連続してスチームを噴射。(水がなくなるまで)連続で約8分の間スチームが持続するから、まとめてケアしたい時にも便利。
 

  • 効果は、周囲環境(温度・湿度)、パワフルスチームをあてる時間、繊維の種類によって異なります。

ワイドスチーム

スチームが広がりやすいようにスチーム穴を配置。

ワイドスチーム スチームが広がりやすいようにスチーム穴を配置

スチームの効果を動画で実証!

衣類スチーマー ニット袖口のび回復篇

スチームの見えやすい環境で撮影しています。

ニットをふっくら

のびた袖口もスチームの力で元どおりに
 

  • ウール100%のニットに対して、袖面から約1cm離した状態で裏表各面にスチームを30秒噴射
  • 全ての衣類や素材に効果があるわけではありません。
  • お持ちの衣類が新品状態に戻るわけではありません。
ニットをふっくら のびた袖口もスチームの力で元どおりに
どんな向きでも、スチームが連続して出るどんな向きでも、スチームが連続して出る

写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。
 

どんな向きでも※1、スチームが連続して出る

※動画はNI-FS780を使用して説明しています。

360°パワフルスチーム どこまで傾けても安定したスチーム噴射
360°パワフルスチーム どこまで傾けても安定したスチーム噴射

360°パワフルスチーム※1

どこまで傾けても※1スチームを噴射。長い衣類も、裾まで簡単ケア。
 

  • 効果は、周囲環境(温度・湿度)、パワフルスチームをあてる時間、繊維の種類によって異なります。

2. 大容量なのに軽い

軽量コンパクトデザイン、低重心設計軽量コンパクトデザイン、低重心設計

軽量コンパクトデザイン、低重心設計

大容量タンクでも、“手のひら感覚”を追求したフラットなデザイン。持ち手と重心の位置を近づけ、腕への負担に配慮。

3. スピーディーな立ち上がり

スピーディーな立ち上がりスピーディーな立ち上がり

スピード立ち上がり

赤いランプが点滅から点灯に変わったら使用可能。すばやく立ち上がります。

スピード立ち上がり 約19秒

4. 脱臭※2・除菌※3

脱臭除菌
洗いにくい衣類を脱臭

洗いにくい衣類を脱臭※2

頻繁にお洗濯できない衣類についた気になるニオイ。暮らしの中のさまざまなニオイをしっかり脱臭※2できます。
 

  • 脱臭効果の感じかたには、個人差があります。
衣類を清潔に除菌
アレル物質抑制

衣類を清潔に除菌※3

清潔に保ちたい衣類を手軽に除菌※3できます。

抗菌ハンドル※4

よく触れるハンドルの清潔性にも配慮。

抗菌ハンドル

5. その他 便利な機能

自動ヒーターオフ

使用後、一定時間で自動オフ。電源を切り忘れても安心。

自動ヒーターオフ  使用後、一定時間で自動オフ。

簡単なプレスはこれ1台

フラットなアイロン面を使ってプレス仕上げも。

  • プレスする場合、テカリ防止のためあて布の使用をおすすめします。
プレスもできる2WAY フラットなアイロン面を使ってプレス仕上げも。

カーブエッジ形状

生地が引っかかりにくく、スムーズな滑り心地。

カーブエッジ形状 生地が引っかかりにくく、スムーズな滑り心地

6. 使い方はカンタン。こだわりの使いやすさ

最初に、水道水を入れて

専用カップで水道水をタンクに入れます。

【1】タンクに水を入れる様子

電源オン

ランプが赤点滅から赤点灯に変わったら使用できます。

【2】電源スイッチと通電ランプの位置の写真

スチームボタンを押す

スチームボタンを押している間、スチームが出続けます。

【3】スチームボタンを押している様子

使用後は電源オフ

切り忘れても安心の自動ヒーターオフ(緑点灯)機能付きです。

【4】通電ランプが緑点灯になった、自動ヒーターオフの写真

使用範囲が広がるロングコード

使い勝手に配慮した約2.5 mのロングコード。コンセントの位置が遠いところでも使用できます。

ゆったり約2.5m

使用後、すぐに置ける

耐熱のスタンド付属だから、使用中や、使用後の本体が熱い状態でもすぐに置けます。また、使わない時はそのまま収納へ。

押し入れやクローゼットには、本体を冷ましてから保管してください。

耐熱スタンドだから熱いまま置ける

7. スペック

2WAYタイプ・360°スチーム

衣類スチーマー ラインアップ

機能や使い方からお好みの一台を選べる

時短でしっかり手軽にケア
NEW NI-FS790 3月上旬発売予定

360° スチームタイプ、NI-FS790

手軽で収納にも困らない
NEW NI-FS430 3月上旬発売予定

2WAYタイプ、NI-FS430

大容量でたっぷり使える
NEW NI-GS410

スチーム専用タイプ、NI-GS410

がんこなシワ・ニオイもしっかり衣類ケア
NI-FS780

2WAY 360°スチームタイプ、NI-FS780

どんな向きでもしっかりシワ・ニオイとり
NI-FS580

2WAY 360°スチームタイプ、NI-FS580

手軽にサッとシワ・ニオイとりコンパクトモデル
NI-FS420

2WAY コンパクトタイプ、NI-FS420

旅先でもサッとシワとり
NI-MS100

海外対応タイプ、NI-MS100

おすすめコンテンツ

手軽で安心。衣類の除菌

高温スチームの衣類スチーマー。実は、シワ・ニオイとりだけでなく衣類の除菌もできるんです。

手軽で安心。衣類の除菌

衣類スチーマーで、暮らしを整える

お気に入りのファブリックアイテムを、衣類スチーマーでサっとケア

「衣類スチーマーで、暮らしを整える」のバナーです。クリックするとサイトに遷移します
衣類についたニオイを脱臭

衣類スチーマーなら汗や食べ物、タバコのニオイはもちろん、加齢臭までしっかりとります。

「衣類についたニオイを脱臭」のバナーです。クリックするとサイトに遷移します

アイロン・衣類スチーマーの違い

それぞれの得意な使い方やアイテムを紹介

アイロン・衣類スチーマーの違い

NEW アイロン・衣類スチーマーの選び方

かんたん自己診断。あなたにぴったりなアイロンが探せます

アイロン・衣類スチーマーの選び方

NEW 衣類スチーマーの上手な使い方

使い方のコツや、衣類スチーマーを使える素材を紹介

衣類スチーマーの上手な使い方

★印は在庫僅少商品のため、ご購入の際には販売店にお確かめください。

※1 ハンガーにかけた衣類に平行に向けた場合
※2 脱臭効果(当社調べ) 【試験対象】生乾き臭・ペット臭・加齢臭(ノネナール)・汗臭・タバコ臭・飲食臭(焼肉・焼き魚) 【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間パワフルスチームをあて、脱臭効果を6段階臭気強度法にて評価 【試験結果】対象臭気それぞれにおいて、有意な臭気抑制効果を確認 【試験対象】防虫剤臭(樟脳)【試験方法】ニオイをつけたウールの生地に約10秒間パワフルスチームをあて、脱臭効果をガスクロマトグラフィー質量分析法にて評価 【試験結果】対象臭気において、有意な臭気抑制効果を確認
※3 除菌試験内容 【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター 【試験成績書発行番号】第16107291001-0101号、第16107291001-0201号、第21129635001-0101号 【試験方法】菌付着布にアイロン面を押しあてて1秒間パワフルスチームをあてた場合とアイロン面を1cm浮かせて5秒間パワフルスチームをあてた場合の除菌確認 【試験結果】99%の除菌効果(試験は2種類の菌で実施)
※4 抗菌試験内容 【試験機関/試験成績書発行番号】(一財)ボーケン品質評価機構/試験番号 25020004796-1、20222015848-1 【試験方法】フィルム密着法 JIS Z 2801 【抗菌対象】ハンドルを構成する3部品 【抗菌方法】樹脂に抗菌剤を練り込み、塗装部品は塗装に抗菌剤を添加 【試験結果】3部品とも、抗菌活性値2.0以上を確認
※5 ダニ由来アレル物質試験内容 【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター 【試験報告書番号】4AA33-161003-F01 【試験方法】アイロン面を押しあててパワフルスチームをあてたダニ(Derf1)抽出液付着布の不活化試験 【試験結果】1秒間の処理で90%以上の不活化率、3秒間の処理で97%以上の不活化率
※6 花粉アレル物質試験内容 【試験依頼先】パナソニック(株)解析センター 【試験報告書番号】4AA33-161003-F01 【試験方法】アイロン面を押しあててパワフルスチームをあてた花粉(Cryj1)抽出液付着布の不活化試験 【試験結果】1秒間の処理で96%以上の不活化率、3秒間の処理で98%以上の不活化率

  • 写真はイメージです。
  • 写真のスチームは見えやすい環境で撮影しています。