【洗濯機の賢い選び方】ドラム式とタテ型の違いって?

エコ性能を比較

節水・節電で選ぶなら、断然ドラム式ですが、最新タテ型も節水性能が進化しています。

定格洗濯時

ドラム式
ドラム式
〈NA-VX900AL/Rの場合〉
タテ型
タテ型
〈NA-FW120V2の場合〉
洗濯容量 11 kg12 kg
標準使用水量約78 L 約150 L
1回あたりの水道代 約20円 約38円
消費電力量 約68 Wh 約98 Wh
1回あたりの電気代 約1.9円 約2.7円

定格洗濯乾燥時

ドラム式
ドラム式
〈NA-VX900AL/Rの場合〉
タテ型
タテ型
〈NA-FW120V2の場合〉
洗濯乾燥容量 6 kg6 kg
標準使用水量約55 L 約175 L
1回あたりの水道代 約14円 約45円
消費電力量 約890 Wh(「標準」乾燥の場合)
約620 Wh(「省エネ」乾燥の場合)
約2,550 Wh
1回あたりの電気代 約25円(「標準」乾燥の場合)
約17円(「省エネ」乾燥の場合)
約69円

※ 目安単価:電力料金27円/kWh(税込)[家電公取協調べ。2014年4月改定]、水道料金・下水道使用料252円/m³(税込)〈内訳:水道料金132円/m³(税込)、下水道使用料120円/m³(税込)〉[日本電機工業会調べ]で計算。

その他の「ドラム式とタテ型の違い」をチェック!

洗い方を比較

洗浄力はドラム式もタテ型も同じ

乾かし方を比較

たくさん速く乾かすならやっぱりドラム式!

使い方を比較

ドラム式とタテ型、使い方の注意点は?