ドラム式と縦型 乾燥機能の違い

ドラム式と縦型 乾燥機能の違いドラム式と縦型 乾燥機能の違い
乾燥機能は必要?ドラム式と縦型の乾燥機能の違いは?

「乾燥機能を重視するなら、仕上がり・省エネ性・時間、すべての面で「ヒートポンプ乾燥のドラム式(VXシリーズ)」がおすすめです。
ここでは、ドラム式・縦型・衣類乾燥機の乾燥機能の違いをご紹介。「乾燥機能はそんなに使わない」という方や、「ドラム式が欲しいけど、スペース的に縦型しか置けない」という方も、洗濯機選びのご参考にしてください。

乾燥機能の種類

乾燥機能の方式は、「ヒーターを使うか使わないか」で大別できます。

ヒートポンプ乾燥以外の方式は、ヒーターを使う分、電気代がかかります。

ヒーターを,使わない:ドラム「ヒートポンプ乾燥」,使う:ドラム「低温風パワフル乾燥」、ドラム「ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)」、縦型「ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)」、縦型「ヒーター式(排気タイプ)」、衣類乾燥機「ヒーター式(空冷・除湿タイプ)」

ドラム式の乾かし方

ヒートポンプ乾燥

ヒートポンプで、湿気を含んだ空気を除湿し、機外に排水。乾いた温風で衣類を乾燥。

◎槽内(排気温度)は約60 ℃以下なので、低い温度のタンブル乾燥ができ衣類の傷み・縮みが少ない(除湿機で乾かすようなもの)
◎温度が上がりすぎないから、乾燥途中でもドアの開閉OK
◎乾燥時に冷却水を使わない
◎乾燥運転中、周囲が暑くなりにくい
◎ヒートポンプで、効率よく熱交換。ヒーター式よりも大幅に省エネ

ヒートポンプ乾燥
低温風パワフル乾燥(排気タイプ)

ヒーターで加熱した室温プラス約15 ℃の低温風で乾燥。機外へ排気。

◎衣類の傷み・ 縮みが少ない
◎温度が上がりすぎないから、乾燥途中でもドアの開閉OK
◎乾燥時に冷却水を使わない
△乾燥運転中、周囲は暑くなりにくいが、湿気は出るので、換気が必要
△ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる

低温風パワフル乾燥(排気タイプ)
ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

冷却水で、湿気を含んだ温風を除湿。乾燥の際に発生する水蒸気を水に戻して機外に排出。

△槽内(排気温度)は約80 ℃以下なので、タンブル乾燥ができるが衣類の傷み・縮みが起きやすい(ドライヤーで乾かすようなもの)
△槽内の温度が高いから、安全のため、乾燥途中でドアは開かない
△乾燥時に冷却水を使う
◎乾燥運転中、周囲が暑くなりにくい
△ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

縦型の乾かし方

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)

冷却水で、湿気を含んだ温風を除湿。乾燥の際に発生する水蒸気を水に戻して機外に排出。

△槽内(排気温度)は約80 ℃以下なので、タンブル乾燥ができるが衣類の傷み・縮みが起きやすい(ドライヤーで乾かすようなもの)
△槽内の温度が高いから、安全のため、乾燥途中でドアは開かない
△乾燥時に冷却水を使う
◎乾燥運転中、周囲が暑くなりにくい
△ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる

ヒーター乾燥(水冷・除湿タイプ)
ヒーター乾燥(排気タイプ)

空気中に湿気を排出して乾燥。

△槽内(排気温度)は約80 ℃以下なので、タンブル乾燥ができるが衣類の傷み・縮みが起きやすい(ドライヤーで乾かすようなもの)
△槽内の温度が高いから、安全のため、乾燥途中でドアは開かない
◎乾燥時に冷却水を使わない
△乾燥運転中、周囲に熱気がこもりやすい
△ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる

ヒーター乾燥(排気タイプ)
乾燥中に「水」が必要な理由

衣類を乾かすと、槽内に水分(湿気)がたまります。ヒーター乾燥の「排気」タイプや「空冷除湿」タイプは、湿気を含んだ温風をそのまま空気中に排気するため、周囲に熱気がこもりやすくなります。
湿気を含んだ温風を、除湿してから排出するのが「水冷除湿」タイプです。周囲が暑くなりにくく快適ですが、除湿の際に冷却用の水が必要になります。
縦型に限らず、「水冷除湿」タイプの洗濯乾燥機は、乾燥時に冷却水が必要です。
ドラム式のヒートポンプ乾燥なら、冷却水は不要で、乾燥中に周囲が暑くなりません。

電気衣類乾燥機

ヒーター乾燥(空冷・除湿タイプ)

空気で、湿気を含んだ温風を除湿し、機外に排出。

△約70 ℃の熱風乾燥(ドライヤーで乾かすようなもの)
△槽内の温度が高いから、安全のため、乾燥途中でドアは開かない
◎乾燥時に冷却水を使わない
△乾燥運転中、周囲に熱気がこもりやすい
△ヒーターで温度を上げるため、ヒートポンプ方式よりも電気代がかかる

ヒーター乾燥(空冷・除湿タイプ)

乾燥機能はあったほうが便利!おすすめする4つの理由

「槽乾燥」で、洗濯槽の黒カビ抑制

洗濯槽に発生する黒カビは、じめじめした湿気を好みます。
パナソニックの洗濯乾燥機なら、洗濯後に「槽乾燥」コースを使えば槽をカラッと清潔に保てます。
槽乾燥の時間は機種により異なりますが、ドラム式も縦型も約30分~35分です。

衣類の除菌※1※2乾燥ができる

パナソニックなら、ドラム式のヒートポンプ乾燥と、縦型のヒーター式(水冷除湿)乾燥で、衣類を乾かしながら除菌※1※2もできます。

天候に左右されずに洗濯できる

花粉シーズン、梅雨、台風、寒くてなかなか乾かない時季でも、乾燥機能があれば、気兼ねなく洗濯できます。

イメージ図:花粉

忙しいときなどに家事を効率化

子どもの給食のエプロンなどを急いで乾かしたいとき、体調が悪いときなど、乾燥機能があれば重宝します。

イメージ図:給食用エプロン

パナソニックの縦型洗濯乾燥機と衣類乾燥機の違いは?

スペースなどの制約でドラム式が置けない場合、縦型洗濯乾燥機と、縦型洗濯機+衣類乾燥機の組み合わせなら、どちらが良いのでしょうか?
ここでは、それぞれの長所と短所をご紹介します。

縦型洗濯乾燥機は、ヒーター式(水冷・除湿タイプ)

室内に熱気・湿気がこもりにくい。衣類にやさしい「低温乾燥」つき。衣類の除菌※2乾燥もできます。

「水冷・除湿」とは
冷却水で、湿気を含んだ温風を除湿。乾燥の際に発生する水蒸気を水に戻して機外に排出します。

長所

  • 乾燥運転中、周囲が暑くなりにくい

  • 衣類の除菌※2乾燥ができる

短所

  • 衣類の傷みや縮みがおきやすい
    →縮みを抑える低温乾燥がついています

  • 乾燥途中でドアは開かない

  • 乾燥時に冷却水を使うため水道代がかかる

  • ヒーターを使うため電気代がかかる

【搭載コース】

  • ダニバスターコース

  • 化繊60分コース

  • 槽乾燥コース

写真はNA-FW100K8 イメージ図
「すぐに洗って乾かしたい」ときにおすすめ!化繊60分コース

パナソニックの縦型洗濯乾燥機(FWシリーズ)なら、軽い汚れの化繊衣類(化繊80%以上・0.6 kgまで)を洗濯から乾燥まで約60分で仕上げられます。

衣類乾燥機は、ヒーター式(空冷・除湿タイプ)

衣類を広げながら、ふんわりスピーディに乾燥。「約75 ℃除菌※3」コースを搭載しています。

長所

  • 乾燥専用なので、洗濯しながら同時に乾燥ができる

  • コースが豊富

短所

  • 衣類の傷みや縮みがおきやすい

  • 乾燥途中でドアは開かない

  • 乾燥運転中に周囲に熱気がこもりやすい

  • ヒーターを使うため電気代がかかる

【パナソニックの衣類乾燥機の搭載コース】

  • 標準コース

  • 約75℃除菌※3コース、ワイシャツコース、厚物コース、布団・毛布コース、シワ取りコース

イメージ図:温風が出ている様子
電気式衣類乾燥機は大がかりな工事不要!

別売りのユニット台と組み合わせればOK。壁に穴をあける等の工事は不要です。

商品イメージ:別売りのユニット台と組み合わせた状態商品イメージ:別売りのユニット台と組み合わせた状態
[コラム]パナソニック発「ヒートポンプ乾燥」

パナソニックは、世界で初めて、ヒートポンプ(熱交換器)を活用した洗濯乾燥機を実現しました。

エアコンやエコキュートにも使われている「ヒートポンプ」とは、空気中の熱を集めて利用する技術です。
パナソニックの「ヒートポンプ乾燥」なら、ヒーター加熱の電力が要らない分、使う電力量は少しだけ。槽内の空気を冷やすための水道水も要りません。ヒーター乾燥方式に比べて、使う電力量・水量を大幅に削減できました。

イメージ図,ヒートポンプユニット,圧縮,減圧

パナソニックの洗濯乾燥機・衣類乾燥機の乾燥性能について詳しく知る

ドラム式(VXシリーズ)ヒートポンプ乾燥
ドラム式(VXシリーズ)ヒートポンプ乾燥
ドラム式(VGシリーズ)低温風パワフル乾燥
低温風パワフル乾燥
縦型 ヒーター乾燥(水冷除湿タイプ)
ヒーター乾燥(水冷除湿タイプ)
衣類乾燥機
衣類乾燥機

おすすめ記事:ドラム式と縦型を徹底比較

洗い方の違い

洗浄力はドラム式も縦型も同じ

洗い方を比較
乾燥機能の違い

たくさん速く乾かすなら、やっぱりドラム式!

乾燥機能を比較
電気代・水道代の違い

節水のドラム式はとってもエコ!

エコ性能を比較
使い方の違い

ドラム式と縦型、使い方はどう変わる?

使い方を比較

こちらもおすすめ

わが家に置ける?ドラム式&大容量縦型洗濯機
わが家に置ける?ドラム式&大容量縦型洗濯機
ドラム式と縦型の特長早わかり「パナソニックはここが違う!」
パナソニックはここが違う!
洗濯機の縦型とドラム式を徹底比較!それぞれの違いと選び方
洗濯機の縦型とドラム式を徹底比較!それぞれの違いと選び方

※1 〈衣類の除菌について〉[試験機関](一財)日本食品分析センター[試験成績書発行年月日]2015年7月15日 [試験成績書発行番号]第15053786001-0101号 [試験方法]菌液付着試験布の生菌数測定[除菌方法]加熱温風による [対象部位]ドラム内の衣類 [試験結果]菌の減少率99%以上(自社換算値)
※2 〈衣類の除菌について〉 [試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日]2018年4月3日 [試験成績書発行番号]第18008670001-0101号 [試験方法]菌付着試験布の生菌数測定 [除菌方法]加熱温風による [対象部分]洗濯・脱水槽内の衣類 [試験結果]菌の減少率99%以上(自社換算値)
※3 〈「約75 ℃除菌」による生乾き衣類の除菌について〉 [試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日]2017年1月18日 [試験成績書発行番号]第16123058001-0101号 [試験方法]菌液付着試験布の生菌数測定 [除菌方法]加熱恩風による [対象部分]ドラム内の衣類 [試験結果]菌の減少率99%以上(自社換算値)
※4 〈「槽乾燥」コースによる黒カビ抑制について〉[試験機関](一財)日本食品分析センター [試験成績書発行年月日]2018年3月30日 [試験成績書発行番号]第18008646001-0101号 [試験方法]洗濯・脱水槽に取り付けた培地付着布の黒カビ抑制確認 [黒カビ抑制方法]乾燥による [対象部分]洗濯・脱水槽[試験結果]黒カビの発育なし