Panasonic×花王「#センタク」プロジェクト

#センタク,#洗濯は未来への選択だと思う#センタク,#洗濯は未来への選択だと思う
#センタク  これからをセンタクしよう ,洗濯は未来への選択だと思う。  明日、明後日、もしかしたら一年後のために。  大切に着たい服。誰かに着てほしい服。毎日つかうタオル。  洗濯はいつだって、これからを生きるための選択になる。  いい洗濯を選択しよう。これからをセンタクしよう。  きっと、いま必要なセンタクも分かるはずだから。  さぁ、洗濯に悦びを。  Panasonicと花王の「#センタク」プロジェクトはじまります。#センタク  これからをセンタクしよう ,洗濯は未来への選択だと思う。  明日、明後日、もしかしたら一年後のために。  大切に着たい服。誰かに着てほしい服。毎日つかうタオル。  洗濯はいつだって、これからを生きるための選択になる。  いい洗濯を選択しよう。これからをセンタクしよう。  きっと、いま必要なセンタクも分かるはずだから。  さぁ、洗濯に悦びを。  Panasonicと花王の「#センタク」プロジェクトはじまります。

「#センタク」CM

楽曲アーティスト

『「#センタク」プロジェクト』の一翼を担う[Alexandros]書き下ろしの新曲をテーマソングに起用。
メンバーの川上洋平さんが弾き語りを披露するシーンも!

『「#センタク」プロジェクト』の一翼を担う、人気ロックバンド[Alexandros]。『「#センタク」プロジェクト』のコンセプトに共感し、この曲を口ずさみながら洗濯をしているシーンをイメージして、今回の楽曲制作をスタート。
「“洗濯”というものを深く考えたときに、“慎ましさ”だったり、“今日までの自分を洗い流して、明日また生まれ変わる、尊い行為”だと感じました。」とコメント。
また「#センタク」のCMには、作詞・作曲を手掛けた川上洋平さんが出演し、新曲の弾き語りを披露しています。清潔感のある白いシャツを身にまとい、爽やかに弾き語りをする川上さんに注目です!
#センタクの“テーマソング”として、この楽曲が皆さまの日常に寄り添っていきます。

Alexandros
[Alexandros]

2007年本格始動。数多くのロックフェスティバルでのヘッドライナーやスタジアムでのワンマンライブ等ライブ活動に定評があり、TVドラマやCM、映画など多岐に亘り楽曲提供を行い幅広い層に支持をされている4人組ロックバンド。

2015年にリリースした「ワタリドリ」はYouTubeとストリーミングの総再生回数が3億回を超え、今や誰もが知る楽曲となっている。今年は初のベストアルバムをリリース。最新シングル「閃光」がロングヒット中。

Alexandros

【川上洋平さんがDJを務めるradio番組】
TOKYO FM/JFN38局ネット
Panasonic presents 「おと、をかし」

毎週土曜日 15:00~15:25放送
#センタク 連動企画も展開中!

TOKYO FM/JFN38局ネット Panasonic presents 「おと、をかし」
【radio CM】

Panasonic×花王「#センタク」プロジェクト

[Alexandros]その1:Coming soon
[Alexandros]その2:Coming soon
[Alexandros]その3:Coming soon
[Alexandros]その4:Coming soon
[Alexandros]その5:Coming soon
[Alexandros]その6:Coming soon

「#センタク」プロジェクト発足背景

コロナ禍でご家庭の洗濯事情も一変。除菌・抗菌・ウイルスを気にするあまり、これまで家族で兼用していたバスタオルやタオルを各個人用に用意したり、2~3日の頻度で洗濯していた部屋着などを毎日洗うなど、洗濯回数や洗濯量が増えています。
また、家族の在宅時間が増え、家族みんなが洗濯を手伝う機会も増えていますが、洗剤などの入れ忘れや、衣類の洗濯絵表示がわからず水洗いしてはいけない衣類を洗ってしまったり、洗濯機の操作方法がわからないなどの失敗やお困りごとも増えてきています。

[Alexandoros]川上洋平さんのコメントにもあるように、
“洗濯は「今日までの自分を洗い流して、明日また生まれ変わる」尊い行為”。

洗濯は自分のため、家族のため、出会う誰かのためでもあったりします。

こういう時期だからこそ、日々追われる家事のひとつである洗濯において、洗濯の楽しみや悦びを感じて欲しいという想いから、パナソニック洗濯機と花王アタックがタッグを組んだ『「#センタク」プロジェクト』を2021年10月19日(火)[洗濯を楽しむ日]からスタートし、みなさまにとって有益な洗濯に関するお役立ち情報をお届けしていきます。
 

10月19日[洗濯を楽しむ日]とは

10月は日中秋晴れが多く、気温・湿度ともに「洗濯日和」にふさわしい季節。
また、体育祭や文化祭、行楽シーズンなどで汚れものが多く出てくるシーズンでもあり、同時に新しい洗濯機や洗剤で洗いたいものが増える時期でもあります。
この「洗濯日和」をきっかけに、洗濯を積極的に楽しんもらえるような啓発活動を行なっていきたいと考えたのがきっかけです。
単なる家事労働の軽減ではなく、積極的に「洗濯」を楽しめる日にしてもらおうと10月19日(1000せん・19とく)に記念日を制定。

「#センタク」マニュアルムービー

毎日の洗濯のこと、洗剤のこと、洗濯機のこと。見ると、今よりもっと詳しくなれるムービーです。
「#ただしいセンタク」「#あたらしいセンタク」「#しんじられるセンタク」。
さまざまな視点から、役立つ情報をお届けします。

ちょっとした疑問を解消できるムービーです。正しい知識を身につけて、毎日の洗濯でお役立てください。

#ただしいセンタク:#ドラム式用洗剤と#タテ型用洗剤って何が違う?

毎日の洗濯を、もっとラクに、もっとキレイに。洗濯の新しい常識をご紹介します。

#あたらしいセンタク:一度使うとやめられない#洗剤・柔軟剤自動投入

Coming soon

#しんじられるセンタク:Coming soon

「#1019人のセンタクのホンネ」調査

『「#センタク」プロジェクト』をスタートするにあたり、コロナ禍の洗濯に対する世の中の声を広く集めるため「#1019人のセンタクのホンネ」調査を実施しました。
本調査を通して、洗濯の困り事や失敗談、洗濯の好きな部分や嬉しくなったエピソード、それぞれの洗濯あるあるの声を集めました。
集まった世の中の声を「#わたしのセンタク」「#センタクのギモン」「#わたしとあなたのセンタク」で分類し、洗濯ひとつをとっても様々な考え方・価値観・悩み、があることがわかりました。

#1019人のセンタクのホンネ#1019人のセンタクのホンネ

パナソニック洗濯機と花王アタックZERO商品情報

商品概要

累計出荷台数100万台を突破※1! 人気の液体洗剤・柔軟剤自動投入を搭載。NA-LX129AL/Rは業界初※2、エマールなどのおしゃれ着洗剤タンクを搭載した「トリプル自動投入」採用。
NA-FA120V5、NA-VG2600L/Rは、液体洗剤・柔軟剤自動投入を搭載。 他にも温水の力で黄ばみやニオイ、菌までスゴ落ちの「温水スゴ落ち泡洗浄」や洗濯槽を自動でお手入れする「自動槽洗浄」など人気機能が充実。

※1 2017年10月1日発売〜 2021年9月30日。当社「液体洗剤・柔軟剤 自動投入」搭載洗濯機の国内出荷台数(当社調べ)
※2 国内家庭用洗濯機において。2021年11月1日発売予定

 

全自動洗濯機NA-FA120V5/ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129AL/R/ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600L/R全自動洗濯機NA-FA120V5/ななめドラム洗濯乾燥機 NA-LX129AL/R/ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2600L/R
清潔力のアタックZERO

「落ちにくい汚れ」「生乾き臭」「洗剤残り」ゼロへ。
アタック液体史上最高の洗浄力で汚れが落ちにくい化学繊維でも高い洗浄力を発揮します。
さらに、抗菌+※1※2で24時間部屋干し臭を防ぐ。
ウイルス除去※3。洗たく槽の防カビ※1も。
すすぎ1回でもOK。
蛍光増白剤無配合。
リーフィブリーズの香り(微香)。

※1すべての菌・カビの増殖を抑制するわけではありません
※2抗菌に加えてニオイ菌のニオイ代謝を制御
※3すべてのウイルスを除去するわけではありません。エンベロープタイプのウイルス1種で効果を検証

 

アタックZERO 本体400g/アタックZERO ワンハンドタイプ 400g/アタックZERO ドラム式専用 本体400g/アタックZERO ドラム式専用ワンハンドタイプ 400gアタックZERO 本体400g/アタックZERO ワンハンドタイプ 400g/アタックZERO ドラム式専用 本体400g/アタックZERO ドラム式専用ワンハンドタイプ 400g

OOH屋外広告を展開

10月19日(火)から25日(月)の間、新宿YUNIKA VISION・道頓堀ツタヤエビスバシヒットビジョン/トンボリステーション屋外ビジョンにて、[Alexandros]川上洋平さんが出演する「#センタク」CMを放映中です。こちらは、渋谷スクランブル交差点でも絶賛放映中です。

※『屋外ビジョンやビル、周辺施設への直接のお問い合わせはご遠慮ください』
『3密を回避するためのご理解、ご協力の程よろしくお願いします』
『期間中はこの特設ホームページ上でも同じ映像が流れています』

お問合せ先