パナソニックエアコン19年度モデル 特長

パナソニック「エオリア」のメインビジュアルです。パナソニックのイメージキャラクター西島秀俊さんが最新エオリアのあるリビングで、きれいな空気に包まれてくつろいます。 パナソニック「エオリア」のメインビジュアルです。パナソニックのイメージキャラクター西島秀俊さんが最新エオリアのあるリビングで、きれいな空気に包まれてくつろいます。
エアコン内部が汚れていると、付着したホコリを栄養源に、カビが成長してしまいます。
このカビが、イヤなニオイやお部屋の空気を汚す原因に。
エオリアは、カビをとことん抑制※1※2し、キレイな空気を届けます。
エアコン内部のカビ抑制(オートクリーンシステム)とお部屋の中のカビ抑制(空気清浄機能)の図解をしています。 エアコン内部のカビ抑制(オートクリーンシステム)とお部屋の中のカビ抑制(空気清浄機能)の図解をしています。

家庭で発生するおもなカビ(8大カビ)をすべて抑制!※3

ナノイーXのロゴです。 ナノイーXのロゴです。

お部屋の隅や窓際、カーテン・ラグなどの布製品類、水場のまわりから古いエアコンの中まで。専門家によると、住空間には8種類ものカビが発生すると言われています。カビにも強い「ナノイー X 」は、この8種類のカビをすべて抑制※3できることを確認。住空間からカビを追い出します。

ご家庭で発生する8大カビ、クロカビ、コウジカビ、アオカビ、ススカビ、アカカビ、カワキコウジカビ、ケカビ、黒色カビの拡大写真です。 ご家庭で発生する8大カビ、クロカビ、コウジカビ、アオカビ、ススカビ、アカカビ、カワキコウジカビ、ケカビ、黒色カビの拡大写真です。

汚れる前に空気清浄スタート。AIで、一歩進んだ新しい「キレイ」。

エオリアとウェザーニュースのコラボロゴです。 エオリアとウェザーニュースのコラボロゴです。

AIが、気象情報提供でおなじみのウェザーニューズ社から気象データを自動で取得して解析。未来の汚れを先読みして自動で空気清浄をスタート。 お部屋の空気を、いつもキレイにキープできます。

★:●本機能の利用には、エオリアアプリの利用登録と、お客様ご自身でのリモコン設定が必要です。 ●本機能は、気象情報会社から提供される気象情報に基づくものです。 ●本機能は、予告なく変更・終了することがあります。

室内温度や空気リスクを検知して、自動運転。
「3つのみはり」

リモコンのボタンで設定しておくだけで、エアコンを使っていない時も、室内温度や空気リスクを検知して、自動運転します。

エアコン内部のカビを防いで※1
1年中、「キレイ」が続く。
「オートクリーンシステム」
カビ菌など、空気中の微細な汚れをしっかり除去。
「アクティブクリーンフィルター」

*1:空気中に浮遊するウイルスの抑制、カビ・細菌の除去効果については、第三者機関にて25㎥の密閉空間で試験。ウイルスは約32分後、カビは約21分後、細菌は約45分後の効果であり、実使用空間での実証実験ではありません。※4

お部屋と人を見極めて、快適と節電※7を両立。
「ひと・ものセンサー」「日射センサー」
冷え込む冬も、夏の猛暑も、すばやく快適に。
「すぐでる暖房」「すぐでる冷房」
生活シーンに合わせて便利に選べる。
「3つの除湿モード」
いつでも、どこでもスマホでエアコン操作。
「エオリアアプリ」

おすすめのエオリアはこちら

NEW WXシリーズ

省エネ性に優れたプレミアムモデル

NEW Xシリーズ

AI先読みができる空気清浄機能搭載モデル

NEW UXシリーズ

寒冷地エアコン、プレミアムモデル

NEW TXシリーズ

進化した寒冷地エアコン スタンダードモデル

●写真、イラストはすべてイメージです。

※1:【試験機関】環境生物学研究所 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日2時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】エアコン内部の加熱と乾燥【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(2種類)で、成長が抑制されることを確認(No.141104)。 
※2:【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約8時間で抑制効を確認(2013年6月14日、第13044083002-01号)。
※3:【試験機関】(一社)カビ予報研究室【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に「オートクリーンシステム」ありとなしの条件において、7日後のカビの菌糸長を比較 【抑制の方法】オートクリーンシステム(「Ag+除菌」フィルター、フィルターお掃除ロボット、ホコリレスコーティング(熱交換器)、防汚・防カビコーティング(送風ファン)、内部クリーン(「ナノイー X」放出)、カビみはり)【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビセンサーのカビ8種類の成長が抑制されることを確認(報告書No. 180301、180302)
※4:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】CS-X409C2において、25㎥の試験室にて、〈浮遊ウイルス〉ウイルス(1種類)を浮遊させ、〈浮遊カビ〉カビ胞子(1種類)を浮遊させ、〈浮遊細菌〉菌(1種類)を浮遊させ、エアコンを空気清浄運転【試験結果】空気清浄運転前に比べて、〈浮遊ウイルス〉約32分で99%減少(北生発2017-0023号)、〈浮遊カビ〉約21分で99%減少(北生発2017-0025号)、〈浮遊細菌〉約45分で99%減少(北生発2017-0024号)。 
※5:CS-X409C2において、日本電機工業会規格(JEM1467)に準拠し確認、風量設定「パワフル」(当社調べ)。タバコの有害物質(一酸化炭素など)は除去できません。
※6:【試験機関】新日本空調(株)【試験方法】CS-X409C2において、60㎥試験室にて、30μmのAPPIE標準粉体を浮遊させ、エアコンを空気清浄運転。継時的に試験室内(室内中央・床上120cm)の粉体数を計測 【試験結果】空気清浄運転前に比べ、約5分で99%減少。
※7:当社測定基準による。CS-X409C2、当社環境試験室(約14畳)、外気温2℃、体感温度25℃が得られるように設定、暖房運転時。運転安定時約1時間の積算消費電力量が、エコナビ入、センサー風あて(354Wh)と、エコナビ切、センサー切(1,195Wh)との比較。エアコン近くにダイニングテーブル等が設置され、エアコンの設置位置から対面上の1エリア(遠距離エリア)に人が存在し、日射が入っている場合。