2022年モデル特長 「清潔・空気清浄」機能

「清潔・空気清浄」ページのメインビジュアルです。「清潔・空気清浄」ページのメインビジュアルです。

新「ナノイーX」でエアコン内部も、お部屋の空気も清潔に。

エアコンで空気清浄! 「エオリア」の空気を清潔に保つ機能

清潔イオン「ナノイーX」が空気中のさまざまな有害物質を抑制*1*2

新「ナノイーX」誕生

「ナノイーX」の抑制スピードがアップ!*1(当社比)水から生まれたパナソニック独自の清潔イオン「ナノイーX」で空気をすこやかに。「ナノイー」史上、最大量のOHラジカルを含む新「ナノイーX」が、お部屋の空気をよりすばやく快適にします。

ナノイーX48兆の効果で様々な有害物質が抑制できる事を表した画像です。クリックすると詳細ページへ移動します。ナノイーX48兆の効果で様々な有害物質が抑制できる事を表した画像です。クリックすると詳細ページへ移動します。

*1:約6畳試験空間での抑制効果の比較です。 〈カビ菌〉「ナノイーX 9.6兆」:約6時間後、「ナノイーX 48兆」:約2時間後。※3〈花粉〉「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約3時間後。※4〈ニオイ〉「ナノイーX 9.6兆」:約60分後、「ナノイーX 48兆」:約15分後。※5〈アレル物質〉「ナノイーX 9.6兆」:約12時間後、「ナノイーX 48兆」:約6時間後※7の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。
*2:約6畳密閉試験空間での〈浮遊菌〉約4時間後〈付着菌〉約8時間後※1、〈浮遊ウイルス〉約6時間後〈付着ウイルス〉約2時間後※2の抑制効果です。 約6畳試験空間での〈PM2.5〉約12時間後※6の抑制効果です。数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。
※1:〈浮遊菌〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳)において菌を浮遊させ空気中の菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊した菌【試験結果】約4時間で99%以上抑制(北生発2016_0279号)。〈付着菌〉【試験機関】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させた菌数を測定【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着した菌【試験結果】約8時間で99%以上抑制(2013年6月14日、第13044083003-01号)。(試験はそれぞれ1種類のみの菌で実施)}
※2:〈浮遊ウイルス〉【試験機関】(一財)北里環境科学センター【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】浮遊したウイルス【試験結果】約6時間で99%以上抑制(北生発2016_0375号)。〈付着ウイルス〉【試験機関】ホーチミンパスツール研究所【試験方法】試験室(約6畳密閉空間)においてウイルスを布に付着させウイルス感染価を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したウイルス【試験結果】約2時間で99%以上抑制(2017年7月24日、Accreditation No.VILAS Med 014)。(試験は1種類のみのウイルスで実施)
※3:【試験機関】(一財)カケンテストセンター【試験方法】試験室(約8畳)において布に付着させたカビ菌の発育を確認【除菌の方法】「ナノイー」を放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】約2時間で抑制効果を確認(KT-21-003341-4、2021年6月8日)。 
※4:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】23㎥の試験室(約6畳)内でELISA法で測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】花粉(スギ)【試験結果】約3時間で99%の低減効果を確認(H21YA017-1)。 
※5:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】23㎥の試験室(約6畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】「ナノイー」を放出【対象】疑似体臭(ノネナール)【試験結果】約15分で臭気強度1.9低減(H21HM005)。 
※6:​【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)で付着した有機物量を測定【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】アルカン:ヘキサデカン【試験結果】約12時間で99%以上分解(Y20NF091)。
※7:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】試験室(約6畳)内で電気泳動法またはELISA法による検証【抑制の方法】「ナノイー」を放出【対象】アレル物質(ヤケヒョウヒダニ)【試験結果】約6時間で低減効果を確認(H21YA046-1)。

冷暖房しない季節も「ナノイーX」で空気をキレイにできる

「ナノイーX」送風

新「ナノイーX」を吹き出す送風のみの運転が可能です。
冷房や暖房を使わない季節や、花粉が多くなる春先など、空気清浄機としても活躍します。

1時間の電気代 約0.3円

*:消費電力量約12Wh。新電力料金めやす単価27円/kWh(税込)で計算。ご使用条件等により変わることがあります。

ナノイーXが部屋の中に漂っているイメージのイラストです。

ワンボタンでさまざまなニオイをスピード脱臭

「においケア」モード

気になる時は、リモコンのボタン1つで新「ナノイーX」放出と、室温や状況に適したモードで脱臭します。※1

(室温23℃以上、エアコン停止中の「においケア」運転時。約14畳の試験空間での約60分後の脱臭効果です。  数値は実際の使用空間での試験結果ではありません。常時発生し続けるニオイ成分は、すべて除去できるわけではありません。)

空間臭最大52%低減※1

たとえばエアコン停止中の夏(室温23℃以上の場合)

停止 ①結露(ニオイ吸着):約30分 ②「ナノイーX」循環:約30分 停止
「ナノイーX」放出
①結露(ニオイ吸着)

天井気流を送り、ニオイを空気ごと吸引し、結露水で洗い流します。

ニオイを含んだ空気を熱交換器フィンの結露水で洗い、ナノイーXを放出しているイラストです。
② 「ナノイーX」循環

「ナノイーX」を内部で循環させ、ニオイ成分を抑制。※2

熱交換器フィンに付着したニオイ成分をナノイーXが抑制しているイラストです。

※1:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】JIS B 9917参照。当社試験室(約14畳)において、ニオイ成分(酢酸)を散布、インピンジャー法により室内大気をサンプリングし、ICにて分析。自然減衰したものと、温度30℃、湿度75%から「においケア」除湿モード運転をした後の、室内空間中の酢酸濃度を定量化し、比較 【対象】酢酸 【試験結果】自然減衰から52%の濃度低減を確認(M20SK022)。
※2:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター【試験方法】高濃度の「ナノイーX」搭載エアコンの熱交換器上のニオイ成分(トリメチルアミン水溶液)に、においケア除湿モードで30分曝露し、検証【対象】トリメチルアミン【試験結果】30分で37%の低減効果を確認(Y19NF152)。

おでかけ中にお部屋もエアコンも清潔に

おでかけクリーン

新「ナノイーX」でお部屋の空気を浄化後、エアフィルターと本体内部をお掃除します。お出かけ中・お勤め中のご利用がおすすめです。

①「ナノイーX」送風
お部屋の空気を清潔にします

ナノイーX送風中のエアコン内部の様子です。

②フィルターお掃除
フィルターのホコリを捕集・排出

●LXシリーズはホコリの自動排出には非対応。

フィルターお掃除中のエアコン内部の様子です。

③内部クリーン
内部を加熱乾燥、「ナノイーX」でカビを抑制※1

内部クリーン中のエアコン内部の様子です。

※1:【試験機関】(一社)カビ予報研究室 【試験方法】25㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」「ナノイーX」「カビみはり」「フィルターお掃除」ありとなしの条件において、7日後のカビの菌糸長を比較 【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(8種類)で発芽はなく、カビの成長が抑制されることを確認(報告書No. 180301、180302)。

PM2.5や花粉など、空気中の微細な汚れをしっかりキャッチ

クリーンフィルター

0.3㎛の粒子を80%以上逃さずキャッチ。日頃気になるPM2.5や花粉といった空気の汚れからお部屋を守ります。

(数値はフィルターの性能試験に基づく性能であり、実機の性能とは異なります。 このフィルターでは0.3㎛未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができておりません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。 PM2.5とは、2.5㎛以下の微小粒子状物質の総称です。)

空気の汚れをたっぷりキャッチ!(フィルター交換のめやす:約2年)

花粉とPM2.5がエアコンに吸い込まれるイメージイラストです。

「エオリア」なら自動でエアコン内部もキレイにキープ

手間なく自動でキレイに!*1 1回約1.5円*2で、カビ菌を除菌★*3※1

★生えてしまったカビを除去する機能ではありません。

新「ナノイーX」内部クリーン運転

運転後は自動で*1スタート、効果の決め手、OHラジカル量がたっぷり増えた新「ナノイーX」をすみずみまで充満させ、自動で清潔をキープします。

カビ菌の残存率、ナノイーX内部クリーン運転ありの場合99%以上除去。【試験機関】(一財)北里環境科学センター【 試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビ菌の数を比較 【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)。カビ菌の残存率、ナノイーX内部クリーン運転ありの場合99%以上除去。【試験機関】(一財)北里環境科学センター【 試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビ菌の数を比較 【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)。

①しっかり加熱して、カビの原因となる湿気を乾燥

エアコン内部が加熱しているイメージ画像です。

②OHラジカル100倍*4(当社比)の新「ナノイーX」をたっぷり充満

エアコン内部にナノイーXが充満しているイメージ画像です。

エアコン内部に付着した油分まで分解・低減※2(冷房時の内部クリーン運転)

油の成分の変化(冷房時の内部クリーン運転)ナノイーXありの場合最大約41%低減※2。(冷房時の内部クリーン運転を1回行い、 揮発油成分が総量で減じられる効果です。設置環境、使用状況により効果は異なります。)

油の付着を低減できているということは、カビにとっての栄養素の一つを減らし、さらに飛来するカビ胞子や、外来からの栄養源を定着しにくくすることにもなるため、「カビが増えにくい環境になっている」と考えられます。

病原微生物の専門家 大阪府立大学 獣医感染症学 向本雅郁教授の写真です。

エアコン内部の汚れかたの違い(冷房時の内部クリーン運転)※3

【内部クリーンなし】熱交換器

ホコリがビッシリ

熱交換器にホコリがついているイメージ画像です。

内部クリーンあり】熱交換器

ホコリが付着しにくい

内部クリーンで熱交換器がキレイに保たれているイメージ画像です。

【内部クリーンなし】送風ファン

ホコリがビッシリ

送風ファンにホコリがついているイメージ画像です。

内部クリーンあり】送風ファン

ホコリが付着しにくい

内部クリーンで送風ファンがキレイに保たれているイメージ画像です。

(約1年後。使用頻度や使用環境によりカビやホコリのつき方、ホコリの量は異なります。)

●すでに付着してしまった汚れやカビを取り除く機能ではありません。運転中は、室内の温度や湿度が上がることがあります。
●長時間連続運転中は、内部クリーン運転を行いません。1日1回、運転を停止して内部クリーン運転させることをおすすめします。
*1:暖房、冷房、除湿のいずれかの運転を30分以上行い、停止した時。長時間連続運転中は内部クリーンを行いません。連続運転中に、内部クリーン運転をさせたいときは、リモコンのメニューからお客様ご自身で「連続時あり」に設定していただく必要があります。
*2:消費電力量約54.9Wh、1回あたりの電気代1.48円。新電力料金めやす単価27円/kWh(税込)で計算。ご使用条件等により変わることがあります。
*3:設定を「送風自動」に変更した時は、カビの成長を抑制※4する効果となります。
*4:「ナノイー」=毎秒4,800億個と、「ナノイーX 48兆」=毎秒48兆個との比較。
※1:【試験機関】(一財)北里環境科学センター【 試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビ菌を滴下した試験片を設置、1日3時間の冷房運転後に「内部クリーン」運転ありとなしの条件において、4日後のカビ菌の数を比較 【試験結果】試験片のカビ菌(1種類)が99%除去されたことを確認(北生発2021_1202号)。
※2:【試験機関】パナソニック(株)プロダクト解析センター 【試験方法】油成分を、フィルター、熱交換器、送風路に設置、冷房および暖房時の内部クリーンに曝露したものと曝露していないものの残留物を抽出し、定量分析を実施 【試験結果】送風路内位置で10~41%の低減効果を確認(〈冷房時の内部クリーン〉Y19HM008/2019年5月10日、Y19HM016/2019年6月12日〈暖房時の内部クリーン〉Y19HM017/2019年6月12日)
※3:当社調べ。【試験方法】揮発油の導入と冷房時の内部クリーンを繰り返したエアコンと、揮発油の導入のみのエアコンに、模擬微塵を曝露し目視により付着量を比較 【試験結果】模擬微塵の付着量に差がある事を確認。
※4:【試験機関】(一社)カビ予報研究室 【試験方法】27.7㎥(約6畳)、室温25℃、湿度70%の試験室にて、エアコン内部にカビセンサーを設置、1日3時間の冷房運転後に内部クリーン運転ありとなしの条件において、4日後のカビの菌糸長を比較 【試験結果】カビセンサー内のすべてのカビ(3種類)で、カビの成長が抑制されることを確認(210701)。

室温・湿度をチェックして自動で内部クリーンをスタート

対応機種 LXシリーズ / Xシリーズ

エアコン内部・お部屋

EXシリーズ / GXシリーズ / PXシリーズ

エアコン内部

カビみはり(エアコン内部・お部屋)

運転停止中に部屋の室温・湿度を検知して、エアコン内部がカビの成長しやすい状態になっていないかどうかをみはります。
カビが成長しやすい条件が一定時間続くと、自動で内部クリーンをスタート。カビの成長を抑制※1します。

シーズンオフでも自動で清潔にしてくれるので、ニオイやカビを気にすることなく安心して使い始められます。

●お客様ご自身で設定していただく必要があります。

業界初★ 室温 湿度
10℃以上 + 80%以上 ▶累計12時間以上続くと
自動で内部クリーンをスタート

(人が居続けた場合は累計24時間以上)

20℃以上 + 65%以上

★:国内家庭用エアコンにおいて。2014年10月21日発売。(当社調べ)

お部屋も自動で快適除湿(LX/Xシリーズのみ)

リモコンのメニュー画面から「本体+部屋」を選ぶと、内部クリーンの前に自動で除湿運転をスタート。
雨が続く季節や旅行中など長く家を離れるときも、自動でお部屋のジメジメを防いで、カビが生えにくい環境をつくります。

①除湿運転

除湿運転中のエアコン内部の様子です。

②40℃以上に加熱乾燥(内部クリーン)

加熱乾燥しているエアコン内部の様子です。

③「ナノイーX」充満(内部クリーン)

ナノイーXが充満しているエアコン内部の様子です。

●内部クリーンについて、すでに付着してしまった汚れやカビを取り除く機能ではありません。運転中は、室内の温度や湿度が上がることがあります。
※1:【試験機関】環境生物学研究所 【試験方法】環境試験室(39㎥)での試験。エアコン内部にカビセンサーを設置。室温25℃、湿度70%で、冷房運転を約3時間運転した後に、カビみはり有無の条件において、1週間後のカビセンサーの菌糸長を比較 【防カビの方法】内部クリーン運転を約12時間ごとに動作【対象】エアコン内部に付着したカビ【試験結果】カビ菌糸の発芽なし(No.140703)。

フィルターに付いたホコリを自動で*1捕集、キレイをキープ

対応機種 Xシリーズ / EXシリーズ / PXシリーズ

自動排出方式
(ダストボックス方式へ切り換え可能)

LXシリーズ / GXシリーズ

ダストボックス方式

●ダストボックス方式は、ホコリの自動排出には非対応です。

フィルターお掃除ロボット

エアフィルターに付いたホコリを、ブラシでかき取ってダストボックスに吸引。自動排出方式なら、集めたホコリは自動で*1屋外へ排出。ダストボックス方式でも、約1年に1回捨てるだけなので、お手入れの手間を軽減できます*1 

さらに、ブラシについたホコリを回収するブラシクリーナーを搭載。フィルターもブラシも常にキレイに保ちます。

ホコリの排出時間を短縮したため、運転音も気になりにくいです。

フィルターお掃除ロボットのイメージ画像です。ボックス内部にブラシクリーナー搭載、フィルターのホコリをキレイに。

フィルターお掃除のしくみ

①フィルターのホコリをブラシでかき取り

フィルターのホコリをブラシでかき取ります

②ボックス内部のクリーナーがブラシをキレイに

ボックス内部のクリーナーがブラシをキレイにします

【ダストボックス方式の場合】
③ホコリはダストボックスへ回収!溜まったホコリは約1年に1回捨てるだけ!

ホコリはダストボックスへ回収。溜まったホコリは約1年に1回捨てるだけ。

【自動排出方式の場合】
③パナソニックだけの独自技術★1!ホコリは屋外へ自動排出

★1:国内家庭用エアコンにおいて。2021年10月13日現在。(当社調べ)

パナソニック独自技術。ホコリを自動排出します。1回のホコリ排出量は約0.02g(実測値)

●商品画像はXシリーズです。

自動排出方式は、ダストボックス方式に切り換え可能!

自動排出しないダストボックス方式に変更できるから、隠ぺい配管にも対応できます。

●ダストボックス方式への切り換えには工事が必要です。お買い上げの販売店へご依頼ください。切り換えた場合は、ボックスに溜まったホコリを捨てる必要があります。

4種類の画像です。長めの繊維ホコリ、短めの繊維ホコリ、粒子状の繊維ホコリ、油分4種類の画像です。長めの繊維ホコリ、短めの繊維ホコリ、粒子状の繊維ホコリ、油分

お掃除ロボット搭載エアコン
累計販売※1台数1000万台を突破!

挑戦を続けてきた開発者たちへインタビューを実施。お掃除ロボットの進化の歩みや開発秘話から、清潔を保つためにかける想いをひもときます。

【フィルターお掃除なし】
(約1年後)

ホコリがビッシリ

フィルターにホコリがビッシリついているイメージ画像です。

【フィルターお掃除あり】
(約1年後)

自動でキレイに*1

フィルターお掃除でフィルターが自動でキレイに保たれているイメージ画像です。

(使用頻度や使用環境によりカビやホコリのつき方、ホコリの量は異なります。)

*1:累積24時間以上運転後に自動で掃除します。フィルタ-の掃除は自動で行いますが、ホコリや油汚れが多い環境等でご使用になる時は、取り外して水洗いをする等をおすすめします。
※1:フィルター自動お掃除ロボット搭載機種2005年1月~2022年3月累計販売台数。

フィルターが目詰まりすると…

冷暖房の効きが悪くなる…

上手に空気を取り込むことができなくなり、熱交換効率が悪化。
冷えにくく、暖まりにくくなってしまいます。

ムダに電力を消費してしまう…

多くの空気を取り込もうと、余計なパワー=電力を消費。
電気代もムダに増えてしまいます。

フィルターお掃除でムダな消費電力量を約25%※1カットできる!

暖房時の消費電力の割合(約1年後)フィルターお掃除なし125%に対して、フィルターお掃除ありは100%

家計にもやさしい

節約できて喜んでいる親子のイラストです。

※1:平均室温一定で運転した場合の購入時に対する消費電力量の割合を、フィルターお掃除ロボットありと、フィルターお掃除ロボットなし(フィルターにホコリ約2gが付着した状態)の約1年後で比較。(当社調べ)【試験条件】CS-LX402D2/CS-X402D2の場合。当社環境試験室(約14畳)、外気温2℃、設定温度23℃、風量・風向自動、暖房運転安定時。消費電力量の、フィルターお掃除あり(455Wh)と、フィルターお掃除なし(606Wh)との比較。使用頻度や使用環境により効果は異なります。

捕集したホコリに潜む菌を除菌

「Ag+除菌」フィルター

目の細かいフィルターで、エアコン奥へのホコリの侵入をガード。さらに、捕集したホコリに潜む菌を除菌
新「ナノイーX」が、自動お掃除時に油分を含んだホコリも取れやすくしてくれます。

*:実使用空間での実証効果ではありません。効果は使用環境により異なる場合があります。※1

深呼吸をしている男性のイラストです。

※1:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構 【試験方法】菌液吸収法に基づく。フィルターを試験瓶に入れ、試験菌を接種し、20時間後に菌が99%以上減少していることを確認。(試験は2種類のみの菌で実施)

独自のコーティング技術でホコリ・油分の付着を防ぐ

ホコリレスコーティング(熱交換器)

熱交換器表面(アルミフィン切断面)までを、独自技術でコーティング。自然発生する水で汚れをつるっと洗浄します。カビの栄養源となるホコリの付着を防いで、内部を清潔に保ちます。

*:冷房・除湿運転時

★1:国内家庭用エアコンにおいて。熱交換器のフィン切断面に対し、親水性および、はつ油性の特性を有する、シリカ材によるナノメートルレベルの凹凸表面処理を施したコーティング技術。2022年9月28日現在。(当社調べ)

ホコリレスコーティング(熱交換器)の画像です。パナソニック独自技術★1熱交換器の表面(切断面)がつるつる!

冷房、除湿の各モードをオンにすると、ホコリレスコーティング自動洗浄をおこないます。

ホコリレスコーティング(熱交換器)のイメージ画像です。カビの栄養源、ホコリや油をつるっと洗浄。

【コーティングなし】

ホコリがビッシリ

熱交換器にホコリがビッシリついたイメージ画像です。

【コーティングあり】

キレイをキープ

熱交換器がコーティングによってキレイに保たれているイメージ画像です。

(使用頻度や使用環境によりカビやホコリのつき方、ホコリの量は異なります。)

熱交換器に汚れがつきにくい

親水コーティング(熱交換器)

熱交換器(アルミフィン)には水になじみやすい親水コーティングをおこなっています。冷房や除湿で発生した水が汚れを洗い流すので、運転するたびに内部を清潔に保ちます。

【コーティングなし】

ホコリが洗い流せない

熱交換器にホコリがついているイメージ画像です。

【コーティングあり】

ホコリの下に水が入り込み
洗い流す

ホコリの下に水が入り込み、汚れを洗い流すイメージ画像です。

●油汚れが多い環境等でご使用になる場合は、別途熱交換器の洗浄が必要になる場合があります。

送風ファンの汚れを防止

防汚・防カビ※1コーティング(送風ファン)

風を送り出す送風ファンには、防汚、防カビ※1、除菌*1の3つの効果に加えて、静電気まで防ぐコーティングをおこなっています。
ホコリがつきにくく、汚れやカビが風と一緒にお部屋の中に広がるのを防ぎます。

*1:実際の使用空間での試験結果ではありません。※2​

送風ファンの画像です。防汚効果、除菌*1効果、防カビ※1効果、帯電防止効果。

【コーティングなし】

汚れがビッシリ

送風ファンに汚れがいっぱいついたイメージ画像です。

【コーティングあり】

キレイをキープ

送風ファンがコーティングによってキレイに保たれているイメージ画像です。

(使用頻度や使用環境によりカビやホコリのつき方、ホコリの量は異なります。)

※1:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】JIS Z 2911かび抵抗性試験方法(プラスチック製品の試験法B法)準拠 【対象】JIS規定の菌株5種類 【試験結果】かび抵抗性表示が2以下、「コーティングなし」と比較して1段階以上下回ったことを確認(試験番号20217071730-1)。【防カビ剤ポジティブリスト】第JP0501054A0001R号、第JP0501003A0002M号、第JP0501055A0003U号を使用【 防カビ加工部位】送風ファン【防カビ加工方法】塗装【注意事項】防カビ試験は、SIAA指定方法にて実施しています。使用条件によってはカビが発生する場合があります。 
※2:【試験機関】(一財)ボーケン品質評価機構【試験方法】フィルム密着法に基づく【試験結果】試験片に試験菌を接種しフィルムを密着させ24時間後に菌が99%以上減少していることを確認。(試験は2種類のみの菌で実施)

「日本アトピー協会推薦品」マークを取得

「ナノイーX」により菌・ウイルスなど空気中の汚染物質を抑制し、安心して過ごせる空間を目指します。

「日本アトピー協会推薦品」マーク

シリーズ別 機能対応表

LXシリーズ

LXシリーズ

Xシリーズ

Xシリーズ

EXシリーズ

EXシリーズ

GXシリーズ

GXシリーズ

Jシリーズ

Jシリーズ

Fシリーズ

Fシリーズ

PXシリーズ

PXシリーズ

【清潔】
ナノイーX

新「ナノイーX」

新「ナノイーX」

新「ナノイーX」

新「ナノイーX」

新「ナノイーX」

新「ナノイーX」

内部クリーン運転 新「ナノイーX」
加熱乾燥
新「ナノイーX」
加熱乾燥
新「ナノイーX」
加熱乾燥
新「ナノイーX」
加熱乾燥
新「ナノイーX」
加熱乾燥
加熱乾燥 新「ナノイーX」
加熱乾燥
カビみはり

エアコン内部
お部屋

エアコン内部
お部屋

エアコン内部

エアコン内部

エアコン内部

フィルターお掃除ロボット

ダストボックス方式

自動排出方式
(ダストボックス方式へ切換可能)

自動排出方式
(ダストボックス方式へ切換可能)

ダストボックス方式

自動排出方式
(ダストボックス方式へ切換可能)

「Ag除菌」
フィルター

ミクロメッシュ

ミクロメッシュ

ミクロメッシュ

ミクロメッシュ

エアフィルター

ミクロメッシュ

熱交換器
コーティング
ホコリレスコーティング
親水コーティング
ホコリレスコーティング
親水コーティング
ホコリレスコーティング
親水コーティング
ホコリレスコーティング
親水コーティング
ホコリレスコーティング
親水コーティング
親水コーティング ホコリレスコーティング
親水コーティング
送風ファン 防汚・防カビコーティング 防汚・防カビコーティング 防汚・防カビコーティング 防汚・防カビコーティング 防汚・防カビコーティング コーティングなし 防汚・防カビコーティング
【空気清浄】
クリーン
フィルター
送風

「ナノイーX」送風

「ナノイーX」送風

「ナノイーX」送風

「ナノイーX」送風

「ナノイーX」送風

「ナノイーX」送風

においケア
AI先読み
空気清浄
ホコリセンサー&クリーンサイン/
ホコリみはり
商品詳細 LXシリーズを詳しく見る Xシリーズを詳しく見る EXシリーズを詳しく見る GXシリーズを詳しく見る Jシリーズを詳しく見る Fシリーズを詳しく見る PXシリーズを詳しく見る

※CS-F***Dの品番(例:CS-F222D)については下記をご覧ください。
・畳数:12畳あり(CS-F362D2)
・「ナノイーX4.8兆」:搭載
・「ナノイーX」内部クリーン運転:搭載
・「Ag⁺除菌」フィルター:搭載
・送風ファン:防汚・防カビコーティングあり

2022年モデル その他の特長

NEW 「換気・除加湿」ユニット

冷暖房しながらお部屋の空気を入れ換え。

2022年モデル 特長「「換気・除加湿」ユニット」へリンクする画像です
暖房

センサーが暖かさを自動で見極めます。

2022年モデル 特長「暖房」へリンクする画像です
冷房

冷え具合も自動で最適化します。

2022年モデル 特長「冷房」へリンクする画像です
除湿

湿度を自動で快適に保ちます。

2022年モデル 特長「除湿」へリンクする画像です
エオリアAI

センサーが検知して自動で空気を整える。

2022年モデル 特長「エオリアAI」へリンクする画像です
リモコン・便利

リモコンと使いやすい便利な機能を搭載。

2022年モデル 特長「リモコン・便利」へリンクする画像です

「エオリア」ならではのポイント

新「ナノイーX」搭載「エオリア」の特長

新「ナノイーX」搭載「エオリア」の特長にリンクする画像です

つながるエオリア

つながるエオリアにリンクする画像です

商品一覧

2022年モデル エオリア

LXシリーズ

「換気・加湿・除湿」までできるプレミアムモデル

2022年モデルLXシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

Xシリーズ

「エネチャージ」で極上冷暖房のハイグレードモデル

2022年モデルXシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

EXシリーズ

「フィルターお掃除搭載」奥行きコンパクトモデル

2022年モデルEXシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

GXシリーズ

「フィルターお掃除搭載」高さコンパクトモデル

2022年モデルGXシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

Jシリーズ

新「ナノイーX」搭載
清潔スタンダードモデル

2022年モデルJシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

Fシリーズ

パワフル&快適
スタンダードモデル

2022年モデルFシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。

エオリア スリープ(寝室用モデル)

PXシリーズ

あなたの眠りに寄り添う、寝室用モデル

PXシリーズの画像です。クリックすると品番ページへリンクします。